Millyモデルズの「もっとメイクが上手になりたい!」眉&チーク編

コラム 公開日:2017/08/28
Millyモデルズの「もっとメイクが上手になりたい!」眉&チーク編

「最近メイクがヘタになった気がする」「ママになってからメイクする時間が全然ない!」。そんな悩みを抱える「メイク迷子ママ」救済企画! 目からウロコのテクニックからアイテム&道具選びまで、プロがレクチャー。モデルや芸能人を数多く担当し、サロンでパーソナルレッスンも行う、ヘアメイクアップアーティスト・松本未央さんのとっておきレッスン開始です! 全3回の第1回目は「眉&チーク編」をお届けします。

レッスンしてもらったのは

Millyモデルズ・千詠歌さん。3才&1才の男の子のママ。もともとコンサバな服が好みだけど、産後は必要に迫られどんどんカジュアルに。大人の女性っぽさを感じるメイクをしたいと思いつつ、男子2人の育児真っ只中の今、コスメ情報のチェックもままならない日々。眉、アイメイク、気になるパーツはいっぱいあるけれど、とりあえず放置しています……。

というわけで千詠歌さんの希望は……

かわいい系脱出・もっと大人っぽくシャープな印象にしたい!

まずはいつものメイク【左】&変身後【右】全顔見せ! 


ベースメイク・眉・アイメイク・チーク・リップすべてをテコ入れ! ふだんのベースメイクはいたってシンプル。ファンデは塗らず、(塗る時間がなく)コンシーラーとパウダーをはたくのみ。クマや血色の悪さも悩みです。目を大きく見せたいがために、濃いアイシャドウ&バッチリアイラインにしていますが、ベースメイクがごく薄めなので、目元だけが目立ってしまって、アンバランスな印象に。そこで、ベースメイクで肌をイキイキと&ナチュラルに目元を大きくチェンジ! ママらしく、優しい雰囲気の女性へ変身しました。

今回は眉&チークのプロセス&ポイントを詳しく解説!

【眉編】BEFORE・いつものメイク


AFTER

左右の眉山の高さと、全体の長さが違っていたのを主にテコ入れ! いつものメイクは、眉が肌に張りついているような重い印象。テコ入れ後はナチュラルでふんわり。

眉STEP1 パウダーを、どうブラシに取るかが第一のわかれ道!

今回は千詠歌さん愛用のキャンメイクの「ミックスアイブロウ」をメインで、サブとして松本さん私物のペンシルを使用します。まずは、眉を描く以前のところから! 実はパウダーをどうブラシになじませるかが大・大問題なのです!

 これやっちゃNG!


メイク迷い子のみなさまの「あるある」パターン。「筆を平らにしてパウダーをなじませてそのまま描くと、ベタっとした印象に。眉毛のアウトラインが不自然になったり、濃すぎる原因になるのでNGです」(松本さん)。

こうするのが正解!


筆は必ず立ててパウダーをなじませるのが正解。筆の表面ではなく、中までしっかりなじませるような感覚です。このひと手間で、のちの仕上がりに大きな差が。

眉STEP2 パウダーで眉のすき間を埋める


3色パウダーの真ん中の色のみをブラシになじませたら、眉頭~眉山にかけて、眉のすき間を埋めていきます。眉の中心あたりが一番濃くなるように意識して。

あなたにおすすめ

抽選で一名様に当たる!アップリカの新ベビーカープレゼント 詳細はこちら
注目コラム