引っ越し、子どもの成長… 無印良品を暮らしの変化に合わせて長く使うヒント【人気インスタグラマーyuriさんの場合】

コラム 公開日:2017/09/04
引っ越し、子どもの成長… 無印良品を暮らしの変化に合わせて長く使うヒント【人気インスタグラマーyuriさんの場合】

無印良品や北欧の家具や雑貨を取り入れたすっきりなインテリアで人気のインスタグラマーyuriさん。「暮らしの変化に合わせて使う場所、使用法を変えられるのが無印良品の魅力」と語るyuriさんのお宅を見せてもらいました。キッチン&ダイニング、玄関、リビング、寝室とどこもすっきりとして機能的で美しい空間! 参考になることばかりです。

飽きのこないアイテムばかりで10年以上愛用しているものも!

キッチンを広く見せたかったので、「ここに入れるなら腰丈までの家具を」と考えていたそう。壁面には「壁に付けられる家具・箱・88㎝・オーク材」(5,900円)をつけ、カップやポットなどお気に入りのコーヒーグッズを見せながら収納。

「掃除が大好き。だから“モノをいかに少なく持つか”は、私にとってとても重要なことなんです」というyuriさん。その言葉どおり、一年半前に購入した一戸建ては、2才の女の子がいるとは思えないほどのミニマム空間。建て売りで収納が少なかったので、各スペースに無印良品の棚を設置し、そこに必要最低限の生活必需品をおさめています
とくに気に入っているのは、キッチンの背面に置いた食器棚と、リビングのオープンラック。
「キッチンのキャビネットは同サイズで扉違いを二つ並べています。飾るようにしまいたい食器はガラス戸のほうへ、その他のアイテムは木の扉のほうへ。同じ箱でも仕様違いがそろうのがうれしいですよね。オープンラックは今は生活雑貨の収納場所にしてますが、将来的には子ども部屋へ移動予定。ごくシンプルだから、暮らしの変化とともに使う場所、使用法を変えられるのが、無印良品のものの一番のよさだと思います」
現在は北欧雑貨やインテリアに傾倒しているというyuriさん。
「もちろん北欧テキストとも相性がいいけれど、趣味が変わったとしてもきっと無印良品のものは使い続けられるはず。今だけでなく、これからの暮らしにも長く役立ってくれるところがうれしいですね」

キッチン&ダイニングの収納術

見せる収納で子どももお手伝いしやすく!

(写真右)以前から憧れていた「オーク材キャビネット大」(49,000円)を2台並べたら、キッチンの後ろのスペースにピッタリ! 無印良品のアイテムの“計算しつくされたサイズ感”に感動すら覚えたというyuriさん。見せたくないツールや雑貨類は、奥の木製扉のほうに。(写真左)キャビネットの中は、「ポリプロピレン整理ボックス」(80円~)を使い、マグカップ、ガラスのグラスなど、同種類のものをまとめて。竹かごの中は朝食のおわん類。ガラス戸で中が見えるので、2才の娘さんも朝になるとかごごととり出してお手伝いしてくれるそう。 (写真左上)白と木目がほとんどを占める中で、控えめに主張しているのがライトグレーのダイニングの照明。スタイリッシュな「ペンダントライトアルミ・L」(12,000円)をアクセントに。ダイニングテーブルもいずれは無印良品のものに買いかえようと計画中。
(写真右上)キッチンカウンター上部の蛍光灯と換気扇フードの間には、短いつっぱり棒を渡し、「ステンレスひっかけるワイヤークリップ」(4個入り・400円)をつるしてあります。ここは調理するときにレシピ本をはさんだり、洗ったふきんを干したりするのに活用。
(写真左下)キッチンの入り口には「壁に付けられる家具・3連ハンガー・オーク材」(3,500円)を取りつけて、ハットやブラシをかけてあります。使いたいときにさっと取れるうえ、掃除好きなyuriさんにとって、床にモノを置かずにすむシステム作りができるのが、この家具のいいところ。
(写真右下)キャビネットと冷蔵庫の間のすき間には、奥行きの浅いダストボックスを置き、びんや缶を分別。


出典 :無印良品でつくる私style※情報は掲載時のものです

Profile
yuriさん
アパレル勤務などをへて、出産を機に専業主婦へ。平均的な一戸建てに、無印良品や北欧の家具や雑貨を取り入れたすっきりインテリアが「参考になる!」と支持を集め、現在フォロワー数は16.8k。2才の娘と夫との3人暮らし。
http://www.instagram.com/yu.ha0314/

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
注目コラム