【妊娠16週2日/予定日まで166日】赤ちゃんはママのおなかの中で元気にクルクル

【妊娠16週2日/予定日まで166日】赤ちゃんはママのおなかの中で元気にクルクル

連載 2人で読む【妊娠中期】 安心マタニティ

妊娠16週2日の赤ちゃんは、体の骨格や脳の機能などますます発達し、クルクル回ったり元気に活動しています。ママも今までとは違う日常を記録することで、おなかの赤ちゃんと共有した記憶は、あとから素晴らしい財産に。経験豊富な産婦人科医 鮫島先生が赤ちゃんの成長とママの様子をアドバイスします。


【赤ちゃん】羊水の中で元気に活動しています

骨や筋肉はますます発達し、脳の反射神経も同時に発達していきます。今や、羊水の中でアクロバティックに動き回ることができます。まだ赤ちゃんが小さくて、子宮の中にも余裕があるので、ほんとうによくクルクルと回ったり、元気に活動しています。そんな姿が超音波で見られたら、とてもラッキーですね!

【ママ】考え方や感じ方で毎日世界は広がる

出かけることにも時間がかかるし、いろいろと「めんどう」と感じることがふえるのが、妊娠中〜産後の育児の時間かもしれません。今まで自転車でどこへでも行っていたのが、歩かなくてはならなくなったりもします。その分、世界が広がる、と考えてみるのはどうでしょうか。同じ場所を通っても、自転車で通り過ぎるときには目に入らないものに気づくようになります。たとえば自宅から 2つ先の曲がり角の垣根に、小さな花が咲いている、といったことが、見えてきます。おなかの中にいるときから、赤ちゃんを育てる時間は、同じ場所にいながら、これまでと全く別の世界と出会うことになります。そして、今日見たもの、聞いたもの、感じたこと、ひと言のメモでいいから、記録を残していきましょう。おなかの赤ちゃんと共有した記憶は、何よりも大事な財産になっていきます。


監修
鮫島浩二先生
産婦人科医
東京医科大学卒業後、東京警察病院、木野産婦人科医院などをへて、2006年さめじまボンディングクリニック開院。妊婦さん自身が主体になるお産を実践。また、母と子、父と子、そして妊婦さんどうしの絆づくりを支援する日々。ベストセラー『わたしがあなたを選びました』著者。3男の父。 (*)リーブ法の母親学級:さめじまボンディングクリニックで実施される、現代の日本の妊婦さんに向けたリラックス出産法。
さめじまボンディングクリニック

出典 :安心マタニティ280DAYS※情報は掲載時のものです

この連載について

2人で読む【妊娠中期】 安心マタニティ

安定期に入る妊娠中期の週ごとのアドバイス。1つずつ読むごとに、そのときの赤ちゃんの様子、ママの生活上の注意点などが少しずつ理解できます。赤ちゃんの成長を実感して、自然とママになる心の準備も整うはず。35年以上にわたって妊婦さんと赤ちゃんを見守ってきた産婦人科ドクターによる温かくて信頼できるアドバイス!

最新の記事

【妊娠22週2日/予定日まで124日】目を開いてキョロキョロ?! まぶたが開きます!

【妊娠22週1日/予定日まで125日】赤ちゃんの体重は300〜600gになりました

【妊娠22週0日/予定日まで126日】赤ちゃんにとって、1つの“節目”の22週です

クリップ

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
注目コラム