【妊娠16週0日/予定日まで168日】「安定期」に入りました!

【妊娠16週0日/予定日まで168日】「安定期」に入りました!

連載 2人で読む【妊娠中期】 安心マタニティ

つわりの症状が和らぐ人も出始め、赤ちゃんの胎盤が完成しました。安定期とはいえ、おなかに赤ちゃんがいることに変わりはありません。日ごとに成長する赤ちゃんの様子や出産に向けて少しずつ変化するママの心と体、またその時期に気をつけたい注意点など経験豊富な産婦人科医 鮫島先生がアドバイスしてくださいました。今回は妊娠5カ月(16週と0日)です。


【赤ちゃん】成長に見合った機能が整いました

胎盤が完成しました。といっても、今日できっちり完成ということではないし、これからも胎盤のサイズは大きくなっていきます。 赤ちゃんの成長に見合った機能が整った、というところまで来ました。胎盤は、ママの体から送られてきたたくさんの栄養と酸素を乗せた血液を、なるべくいいものだけを残して、赤ちゃんへと伝えていくフィルターです。

【ママ】妊娠中には完全な「安定期」はありません

5カ月に入って、「安定期ですね」と言われるかもしれません。胎盤が完成したので、よほどのことがなければ、流産の心配はない、ということです。でも、妊娠中には完全な「安定期」はありません。ママが無理をすれば、赤ちゃんにも影響することは、今後も変わりません。つわりもおさまり、おなかもまだそんなに出てはいなくて、体が軽く感じるかもしれませんが、おなかに赤ちゃんがいることは忘れないでください。ときどき慎重な妊婦さんが「信号が変わりそうで小走りしちゃったけど、おなかの赤ちゃんは大丈夫?」と心配しますが、それくらいの振動は、おなかの赤ちゃんには影響しません。転びさえしなければ、ということなのです。焦って足元をあまり見なかったり、妊娠前と同じ身体感覚でいたら実は足があまり上がっていなかった、ということで転ぶことはふえます。家の中でも外出中でも、「転ばない」ように歩くことを、妊娠前よりも意識しましょう。


監修
鮫島浩二先生
産婦人科医
東京医科大学卒業後、東京警察病院、木野産婦人科医院などをへて、2006年さめじまボンディングクリニック開院。妊婦さん自身が主体になるお産を実践。また、母と子、父と子、そして妊婦さんどうしの絆づくりを支援する日々。ベストセラー『わたしがあなたを選びました』著者。3男の父。 (*)リーブ法の母親学級:さめじまボンディングクリニックで実施される、現代の日本の妊婦さんに向けたリラックス出産法。
さめじまボンディングクリニック

出典 :安心マタニティ280DAYS※情報は掲載時のものです

出典 :First Pre-mo(ファーストプレモ)2017年春夏号 ※情報は掲載時のものです

この連載について

2人で読む【妊娠中期】 安心マタニティ

安定期に入る妊娠中期の週ごとのアドバイス。1つずつ読むごとに、そのときの赤ちゃんの様子、ママの生活上の注意点などが少しずつ理解できます。赤ちゃんの成長を実感して、自然とママになる心の準備も整うはず。35年以上にわたって妊婦さんと赤ちゃんを見守ってきた産婦人科ドクターによる温かくて信頼できるアドバイス!

最新の記事

【妊娠18週4日/予定日まで150日】気になる妊娠中のセックスのこと

【妊娠21週6日/予定日まで127日】体が大きくなり超音波で全身が映らなくなってきます

【妊娠21週5日/予定日まで128日】ママと赤ちゃんの両方をチェックする定期健診は欠かさずに

クリップ

あなたにおすすめ

抽選で一名様に当たる!アップリカの新ベビーカープレゼント 詳細はこちら
注目コラム