【小1の壁 対策】来春の新一年生ママが今からすべきこと「新生活は早めのキッズスペース作りでスムーズに!」

コラム 公開日:2017/08/15
【小1の壁 対策】来春の新一年生ママが今からすべきこと「新生活は早めのキッズスペース作りでスムーズに!」

収納のプロである、ライフオーガナイザーで2児の母の鈴木尚子さんに、キッズスペース作りについて伺いしました。子ども部屋を作るのか?リビングに学習スペースを作るのか?などキッズスペース作りに頭を悩ませるママたちは多いですが、鈴木さんは「遅くとも春休みまでにキッズスペースを整えておきましょう」と言います。ランドセル購入が始まる夏場から少しずつキッズスペースについても構想をねって、早めの準備で新生活をスムーズに始めましょう!

4月から準備するのでは遅いんです!
新生活が始まると時間も体力もなくなります

子どもが自分で持ち物を管理できる環境づくりを

来春に子どもが入学を迎えるママがまず考えるべきなのは、子どもの荷物の管理場所をどうするかということです。小学校に入ると幼稚園・保育園に比べて明らかに管理するものが増えます。それを子どもが自分で管理できるような環境をつくっておくことがいちばん大事です。その環境は学習机でもいいし、シェルフやラックでもOK。カラーボックスに引き出しや本立てを組み合わせたものでもよいでしょう。
容量に対して入れるモノが8割くらいまでだと出し入れしやすいです。先輩ママなどから情報を仕入れて、何年生でどれくらいモノが増えるか見積もっておけるといいですね。新しいものを入れられるように、持ち物を見直して、本当に必要なものだけにしておくこと、子どもが管理できる量だけにしておくことも必要です。
こうした環境づくりは少なくとも春休みまでに整えておくと新生活がスムーズ。4月からでは遅いのです。というのは最近は1年生も学校に慣れさせるスピードが速くて、管理すべきものも多いからです。新入生は環境に慣れることだけでもクタクタ。なのにうちに帰ってきて、片づけようなんて言われたら、参りますよね。家に帰ってきたら、ホッとできるような、安全基地になるような場所をつくっておいてあげるというのも親の務めです。
子ども部屋がなくても、リビングに勉強道具を置くのであれば、「ここはあなたの場所よ、自分で片づけて、管理してね」ということをきちんと伝えてあげましょう。その横にお母さんの雑誌などがごちゃごちゃあると、子どもはそちらに流されていきます。親と子の持ち物はきちんと分けておきましょう

就学は「モノの整理」を学ぶ最初のステップです

また、夏休みなど長期休みや進級前の休みの初日には、持ち物を見直し、足りないものを補充する作業も必要です。低学年の間は親子で行い、コツを身につけさせましょう。
そもそも、モノの管理は、勉強、生活、仕事の基本です。それが身につくと、頭の中の管理までできるようになってくるので、時間の管理やコミュニケーション(対人関係)の管理にまでつながってきます。見えるものが管理できなければ、見えないものは管理できません。さまざまな管理の基礎を築き上げる最初のステップが就学時なのです。

Profile
鈴木尚子さん
ライフオーガナイザー
SMART STORAGE!代表。日本初クローゼットオーガナイザー資格認定講師、マスターライフオーガナイザー、整理収納アドバイザー1級。アパレル勤務をへて、専業主婦に。第2子出産後、片づけと収納に目覚める。著書「ママと子どもの心地いい収納」(メディアファクトリー1512円)も。
http://ameblo.jp/naowr/

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
抽選で二名様に当たる!エルゴベビー「ベビーキャリア ADAPT(アダプト)」プレゼント 9月30日まで 詳細はこちら
注目コラム