リピート率100%!? 子ども連れで楽しめる北海道・トマムの星野リゾートが人気の10の理由

コラム 2017/10/17更新
リピート率100%!? 子ども連れで楽しめる北海道・トマムの星野リゾートが人気の10の理由

取材クルーが「プライベートでもまた訪ねたい」と語るのが、北海道、トマムの星野リゾート。あの「雲海テラス」のほか、雲にちなんだ旅の思い出が作れます。ママ友の口コミ評価も高いことから、Como編集部の母娘が実際に行ってきました。

01 一度は見ておきたい! 標高1,088mのダイナミックな絶景

雲海テラスは、雲海を一望できる場所。早朝13分のゴンドラに乗車した先で、30〜40%の確率で雲海に出合うことができます。雲の上をふわふわ歩くみたいな「Cloud Walk(クラウドウォーク)」や映画『タイタニック』気分が味わえるスカイウェッジなど、雲を満喫できるロケーションが心にくい(ゴンドラの早朝営業は5月13日〜10月16日)。

02 おいしいサプライズはまっ白な雲スイーツ

甘〜い香りの雲スイーツもあるんです。レストラン「椿サロン」には雲海ケーキ、ビュッフェダイニングhalには雲パフェが。ふわふわサプライズに、5才児もママエディターも目と舌をやられました。滞在中、雲に癒やされる「雲ガールステイプラン」なら、雲ディナー、雲海スパトリートメントも(6月1日〜10月31日)。

03「雲育」は自由研究にもピッタリ!

写真を撮ったり、絵をかいたり…。壮大な雲海を目の当たりにして、子どもも大人も好奇心が駆り立てられます。小学生ママは、雲海を自由研究の題材にしたと話していました。夏ならではの早起き習慣もグッド。

04 男の子なら飛行機、ゴンドラにワクワク

北海道への空の旅は、機内で配られたぬり絵を楽しむうちに到着。新千歳空港からのリゾートライナー(バス)は、乗りかえなしでラクちん! 乗り物好き男子には、雲海テラスへのゴンドラも思い出になりますね。

05 二度寝ができる! 牧草ベッドでゴロゴロしたい

『アルプスの少女ハイジ』を気取って、牧草ベッドに寝っころがりたい。北海道の大自然に囲まれた、心地よい朝の時間を約束(7月1日〜8月31日)。予約不要、無料。

06 北海道ならではの海の幸&大地の恵みが堪能できる!

「わいわい気兼ねなく」「各自食べたいものを食べたいだけ」いただけるビュッフェは子連れの味方。リゾート内には最大20店舗以上の多彩なレストランがあって、連泊しても飽きません。母は朝から海鮮いろどり3色小丼セットに舌つづみ。

07「ままらくだグッズ」に感激。 ベビーベッドも随所に

宿泊客には離乳食(5カ月、7カ月、9カ月)のほか、なんと紙おむつのサービスが。荷物がぐっと減ります。全身ソープ、おしりふき、ウェットティッシュの貸出も。くまちゃんフェイスのアメニティに、子どものテンションもアップ。

08 ついつい長居。 滞在時間が長かったのはココ!

フロント脇のファミリーラウンジとブックス&カフェは、ホスピタリティあふれる空間。旅先なのにまるで自宅のリビングのように、くつろげました。

09 泊まって納得。子連れに嬉しい広々とした室内

「リゾナーレ トマム」は全室100㎡以上のオールスイート。展望のよさは言うまでもなく、ジェットバスは5才児が、サウナはママが満喫しました。2ベッドルームなので、次回は三世代で来たいな。

10 広い空間でゆったり泳げる。子どももOKな浅瀬プールもあります

北海道のまん中で泳ぐって、ぜいたくな気分なんです。本物のビーチさながらの波のプールと水深30㎝の子どもプールが。水着をレンタル(有料)すれば、手ぶらでOK。


今回泊まった宿

リゾナーレ トマム

北海道の中心に位置する滞在型リゾート。蒼き森の奥にたたずむ、優雅な空間です。さまざまなアウトドアアクティビティが楽しめるのも魅力。なんと東京ドーム200個分以上の緑に囲まれています。

北の大地に建つ32階建ての高層ホテルは、1フロアーに4室のみのぜいたくさ。全室コーナーにあり、眺めが抜群。「ザ・タワー」には小上がりのスペースに低床ベッドが並ぶファミリーフォースルームが子連れ向けです。

北海道勇払郡占冠村中トマム  

☎0167-58-1111

■1泊朝食つき・大人1名18,200円~(税・サ込) 客室200室 

■アクセス/(電車)JR石勝線 トマム駅から無料送迎バスで5~10分 

(車)道東自動車道・トマムICから約10分 (飛行機)新千歳空港から車

で約100分。あるいは同空港よりJR快速エアポートで→南千歳駅、特急

スーパーとかちあるいは おおぞらで→トマム駅まで、計約90分

http://www.snowtomamu.jp/

夏休みにおすすめ! 星野リゾート リゾナーレ

リゾナーレ 八ヶ岳

4月にリニューアルオープンした八ヶ岳山麓のリゾナーレ八ヶ岳は、建築界の巨匠マリオ・ベリーニが手がけた日本屈指のデザインホテル。プール「イルマーレ」やメインダイニング「OTTO SETTE」など、上質なリゾートライフを満喫できます。

オリジナルの託児プログラム「森いく(育・行く)」は、ホテル敷地内の森で植物を観察したり、木々の香りをかいだり、五感を育てます。11月30日まで開催/時間:年齢、季節による/料金:1~2才児1,800円/回(税サ込み)、3~6才児2,800円/回(税サ込み)

山梨県北杜市小淵沢町129-1 

☎️0570-073-055(リゾナーレ予約センター)

■1泊2食つき大人1名25,800円~(税・サ込) 客室172室

■アクセス/(電車)JR中央本線 小淵沢駅から無料送迎バスで約5

分 (車)中央自動車道・小淵沢ICから約5分

http://risonare.com/yatsugatake/

リゾナーレ 熱海

日本最大級のツリーハウスとオーシャンビューが魅力のリゾートホテル。クライミングウォールやブック&カフェ、キッズルームと遊び心が満たされます。山上にあり、大海原と夜景を見下ろす、まさに特等席。

ポルトガルの漁師さんみたいなチェックのウエアを着て「漁体験&食育体験」を。2017年7月15日~8月31日/対象:3才以上の親子/料金:8,300円(税込)※3才以上有料

森の空中散歩基地でスリリングな「空中きもだめし」を。出かける前にツリーハウスで怪談話を聞くからとっても怖い。8月11日~19日の毎日/時間:20:15~21:30/料金:4,444円(税込)

静岡県熱海市水口町2-13-1  

☎0570-073-055(リゾナーレ予約センター) 

■1泊2食つき・大人1名20,600円~(税・サ込) 客室76室 

■アクセス/(電車)JR熱海駅から無料送迎バスで約20分 (車)小田

原有料道路 西湘バイパス・石橋ICから約45分、東名高速道路・沼津IC

から約60分 

http://risonare-atami.com/

出典 :Como2017年夏秋号※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ