神山まりあさんオススメ! 愛用ベビーカー「Bugaboo Bee5」を選ぶワケ

PR 2017/10/17更新
神山まりあさんオススメ! 愛用ベビーカー「Bugaboo Bee5」を選ぶワケ

母としてファッションモデルとして、日々魅力が増す神山まりあさん。その活躍ぶりはもちろんのこと、SNSなどで発信される幸せオーラに包まれたプライベートにも、ママたちからの注目が集まっています。この夏1才になる息子のディーン君とのお出かけシーンによく登場するのが、オランダ生まれのベビーカー「バガブー ビー5」。ショッピングやお散歩には欠かせないというバガブー ビー5の魅力を、神山さんのリアルボイスをまじえながら徹底解剖します!

神山まりあの「私がBugaboo Bee5を選ぶワケ♡」

1 ラクな姿勢で押せる高さに調節できるハンドルバー

ショッピングやレジャーなど長時間&頻繁に使うことが多いベビーカーは、ベビーの乗り心地はもちろん、ママやパパの使い勝手もかなり重要。「バガブー ビー5はハンドルバーがスムーズに伸縮し、高さを調節できるのがポイント。ハンドルの高さが合わないと、前かがみになり無理な姿勢が続くことも。自分の身長に合わせられるし、ベビーカーを押している姿もスマート。子どもが乗っていても片手でラクに押せる操作性のよさも好きなところです」

「ワンタッチで伸縮するハンドルバー。身長が高いパパでも腰を曲げずに操作できて快適そうです!」と神山さん。ちなみにバガブー ビー5は、シートファブリックやサンキャノピーなどのほかに、ハンドルバーのグリップ部分も自分好みでカスタマイズ可能。季節や2人目誕生などでイメチェンするのもツウな使い方です。

2 子どもの身長に合わせて調節できるバックレストエクステンション

左写真の高さだったシートを右写真のように伸ばすことができます(写真上の白い矢印イラスト参照)。

シートの背もたれ部分は、子どもの成長に合わせて4段階に高さが調節可能。「子どもはあっという間に大きくなってしまうから、シートもすぐきゅうくつに。背もたれの高さを4段階まで調節できて、いつでも気持ちよく使えています」(神山さん)

背もたれの高さを上げるときには、サンキャノピーや5点式ハーネスも一緒に移動するのでラクラク。背もたれだけではなく、座面の長さも調節できるシートエクステンションも特長。「新生児のころはシートを引き伸ばし、フラットにしてねんね。大きくなってからは座面を元に戻し椅子として。息子の成長にそって長く使える嬉しい機能が満載です」(神山さん)

3 電車での外出の重要ポイント! 改札を通れるスマートさ

シティライフを楽しむ家族のためのベビーカーとして誕生した「バガブー ビー5」。安定性がありながらもコンパクトでスムーズな操作性は、改札を通るときにも発揮。ベビーカーを広げたときの横幅は53cm。これは日本の改札を通れるサイズで、このサイズ感がママたちにとても好評なのです。「海外製のベビーカーは横幅が広くて改札を通れないこともあると聞いていたけれど、バガブー ビー5は心配なし! お出かけには電車もよく使いますが、改札を通る前にたたんだりする手間もなく、ママの疲労とストレスをかなり軽減してくれていると感じますね」

4 外出先でのアタフタ回避! ワンタッチでスムーズな開閉

バガブー ビー5を車のトランクに乗せ、外出先で使うケースも多いという神山さん。「折りたたみはワンタッチだから簡単。開くときも片手片足で引っ張るだけで楽に開くことができてシンプル。お気に入りの靴をはいているときも、足元が汚れないのは私にとって大きい! 折りたたんでママが持てるコンパクト感もいいですね」と操作性のよさに大満足の神山さん。

5 Bugabooといえばやっぱり自分好みにカスタマイズ!

バガブーがこれまでママたちに絶大な支持を受けてきた理由のひとつが、シートやサンキャノピー、シャーシ(車体)を自分の好みで選べること。バガブー ビー5は、さらにホイールキャップやハンドルグリップまでセレクトでき、究極のカスタマイズを楽しめます。バガブーのホームページではマイセレクトのものをシミュレーションできるので、せひチェックを! 

「サンキャノピー、シートファブリック、シャーシ(車体)、ハンドルグリップ、ホイールキャップと、カスタマイズできる種類が豊富で楽しい! 時間を忘れて『この組み合わせステキ』『この色もかわいくて捨てがたいな』と熱中してしまいます。バガブーは選んでいる時間からハッピーな気持ちになれますね」

育児もオシャレも自然体。Bugaboo Bee5 はそんな気持ちを叶えてくれる

「私が使っているのは、スカイブルーのサンキャノピー、グレーメランジのシート、シルバーのシャーシ。主人とともに『ディーン君はクールなイメージじゃないと』と選んだカラーリングで(笑)、品があって大好きです。バガブー ビー5は私にとって育児のマストアイテムでもあり、ファッションの一部でもある大切な存在。これから息子が大きくなってもいろんなところへ一緒に行って、たくさんの思い出を作りたいです」(写真は神山さんのInstagramより)

バガブー ビー5のすぐれた性能&機能はここでもチェック! 

神山さんのベビーカーライフについてこちらもチェック!

バガブー ビー5 基本スペック

●新生児から体重17kgまで使用可能

●パンクの心配がない6インチのラバー旋回式ホイールとリアホイール

●5点式ハーネスと高さ調節可能なショルダーストラップ

●選べるシャーシ、ハンドルグリップとホイールキャップ、シートファブリック、サンキャノピー

●洗えるファブリック(例外あり)

●重量:約8.9kg(サンキャノピーをのぞく)

●サイズ(長さ×幅×高さ):展開時86.5×53×90cm・折りたたみ時90×46.5×32cm

●幅53㎝(駅の改札も通れる)

●アンダーシートバスケット:22リットル4kgまで

●価格:81,900円(+税)~

ホームページ https://www.bugaboo.com/JP/ja_JP/strollers/bugaboo-bee5

バガブー公式オンラインストアhttps://www.bugaboo.com/JP/ja_JP/home

撮影/土屋哲朗(主婦の友社写真課) スタイリング/入江未悠(リンクス) ヘア&メイク/TOMIE(ヌーデ) イラスト/イチカワエリ ベビーモデル/水戸天音ちゃん(1才4カ月) 取材・文/長澤幸代

あなたにおすすめ