神山まりあさん愛用ベビーカー「Bugaboo Bee5」なら、お出かけシーンがもっとオシャレでスマートに!

タイアップ 2017/06/30更新
神山まりあさん愛用ベビーカー「Bugaboo Bee5」なら、お出かけシーンがもっとオシャレでスマートに!

ファッションモデルとしての活躍とともに、ママたちからの注目度もグングン上昇中の神山まりあさん。昨夏母となり、これまで以上にアクティブな日々を送る神山さんの育児ライフに欠かせないものといえば、ベビーカー。もうすぐ1才になる息子のディーン君とのお出かけの相棒ともいうべき頼りになる存在が、オランダ生まれの「バガブー ビー5」です。高い機能性だけではなく、ファッション性にもすぐれたバガブー ビー5の魅力を神山さんがナビゲートします!

散歩もショッピングもBugaboo Bee5と一緒。今まさにわが家の主力アイテム!

ディーン君との外出が頻繁になってきた今年の春ごろ、神山さんのバガブーライフがスタート! この日はディーンくん&神山さんのご両親とお買い物。サンキャノピー、シャーシ(車体)、シートなどを自分好みにカスタマイズできるのもバガブーの魅力で、700通り以上ある組み合わせの中で神山さんが選んだのは、ベーシックで上品なスカイブルーのサンキャノピー&グレーメランジのシート、シルバーのシャーシ。「どんなファッションにも合うカラーリングがお気に入り。明るめの色のママバッグをアクセントにしたり、ベビーカーとファッションをトータルでコーディネートできるのも大好きなところです」(神山さん)(写真は神山さんのInstagramより)

神山まりあの「これぞBugaboo♡」

1 スムーズに操作できて押し心地も最高!

スムーズな走行性が人気のバガブーシリーズ。今年の春に新登場したバガブー ビー5は、タイヤの旋回のしやすさをさらに改善! 「安定性があるのに、ハンドルの動きが本当にスムーズ! 片手でも押せる軽さです。地面からの『ガタガタッ』という振動をあまり感じないし、スーっとなめらかに進んでくれるので、お出かけのときはストレスがなくてラク。息子がベビーカーで寝ているときも助かります」

2 生まれてすぐ使える! 新生児用のシートでさらに快適

新生児から使えるバガブー ビー5。シートのリクライニングは一番倒すとほぼフルフラットになり、リラックスしているときと一番起こした状態の3段階で調整できます。新採用のパッド入りシートで、新生児ベビーの体をやさしく守ります。

「お散歩中に寝てしまったら一番倒した状態に、起きている間はシートを起こして外の景色を楽しませています。シートを音版倒した状態は今も活用していて、ねんねのほかに、緊急事態でおむつ替えをするときにも重宝しています。シートは取り外して洗えるので、清潔に使えて安心です」

新生児ベビーには専用の「キャリーコット」や「ベビーコクーン」を併用するとより快適な乗り心地。「新生児期だけの特権ともいえる、ベビーキャリーコット! ベビーカーから外して床置きもできるので、お友だちの家にお邪魔するときも便利です。赤ちゃんが乗っている姿もかわいくてたまりません♡」と神山さん。

3 安全面と機能面の両方をカバー! ママの気持ちをよくわかってる!

パッド入りのシートと5点式ハーネスで新生児ベビーの安全対策もしっかり。ただ、新生児のころは、おむつ替えや授乳などで、お出かけ中も赤ちゃんをベビーカーから抱き上げることがひんぱん。神山さんも「走行中に赤ちゃんを守ってくれるベルトは安全面でも大切だけど、ワンタッチでベルトを外せるのは、お世話をするママ&パパにとって重要。毎日のように使うとなおさらです。パッと外せて、サッと留められるので、ベビーの乗せ降ろしに手間がかかりません」と感じているそうです。

4 バツグンの容量プラス、収納のしやすさも注目!

座面をあげれば大開口部から荷物収納できます。

座面を閉じてからも、シートとバスケットの間からバッグの中のものを出し入れできるので便利!

外出中、ショッピングなどでどんどん増える荷物。シート下のかごにグイグイ荷物を押し込んで、帰るころにはぐちゃぐちゃ……というケースも少なくありません。バガブー ビー5はシート部分を上げて荷物を収納することができる嬉しい機能も!「バガブーはバスケットの容量が大きいから何でも入っちゃう。抱っこひも&ママバッグもすっぽり。荷物がきれいにおさまるし、ママが身軽で歩けるのもいいですね!」と神山さん。

Bugaboo Bee5は私と息子の毎日に寄り添ってくれています

「息子はもう1才。ひとりで立ち上がれるようになって、歩くのも間近です。ここまであっという間すぎて、新生児のころがすでに懐かしいくらい! 私と息子のお出かけデビューは産後1週間。一般的な産後の過ごし方としては、少し早いお出かけデビューですよね。実は、退院後に助産師訪問をしてもらっていたんですが、慣れない育児でストレスが溜まっている私をみて、担当の助産師さんがご近所への短時間のお散歩を提案してくれたんです。最初は建物の中をベビーカーでお散歩して、慣れてきたら屋外で数分の外気浴。育児に慣れない産後まもないころは、そんな少しの時間が私にとってはすごく貴重でした。お出かけらしいことは生後1カ月のときから。生まれてからずっと、ベビーカーは私と息子の大切な時間を支えてくれています」

バガブー ビー5のすぐれた性能&機能はここでもチェック!

バガブー ビー5 基本スペック

●新生児から体重17kgまで使用可能

●パンクの心配がない6インチのラバー旋回式ホイールとリアホイール

●5点式ハーネスと高さ調節可能なショルダーストラップ

●選べるシャーシ、ハンドルグリップとホイールキャップ、シートファブリック、サンキャノピー

●洗えるファブリック(例外あり)

●重量:約8.9kg(サンキャノピーをのぞく)

●サイズ(長さ×幅×高さ):展開時86.5×53×90cm・折りたたみ時90×46.5×32cm

●幅53㎝(駅の改札も通れる)

●アンダーシートバスケット:22リットル4kgまで

●価格:81,900円(+税)~

ホームページ https://www.bugaboo.com/JP/ja_JP/strollers/bugaboo-bee5

バガブー公式オンラインストアhttps://www.bugaboo.com/JP/ja_JP/home

撮影/土屋哲朗(主婦の友社写真課) スタイリング/入江未悠(リンクス) ヘア&メイク/TOMIE(ヌーデ) ベビーモデル/吉田 琉海くん(3カ月) 取材・文/長澤幸代



関連記事 もっと見る