無印良品のメイク収納アイテムで、ごちゃついていた洗面所がみるみる片づく!

コラム 2017/10/17更新
無印良品のメイク収納アイテムで、ごちゃついていた洗面所がみるみる片づく!

洗面所まわりのアイテムは、こまごましたものが多く、片づけてもごちゃごちゃした印象になりがち。引き出しにただほうり込むだけでは、なかなか上手に片づけることができませんよね。人気ママムジラーで整理収納コンサルタントでもあるmujikkoさんは、洗面所を“仕切る”ことでスッキリと片づけることに成功したそう。その収納術を教えてもらいました。

洗面所は“メイクボックスシリーズ”で仕切る

洗面所の引き出しは、もともと仕切りがないタイプが多く、どうしてもポイポイとほうり込みがち。探すのが面倒で、奥のほうには使っていないアイテムがいっぱい……。そんなカオス状態の引き出しに便利なのが、無印良品の「ポリプロピレンメイクボックス」シリーズ。深く考えなくても“ただ置くだけ”ですっきり見えるという、とっても優秀なアイテムです。

モジュールがきっちりそろっているので、ただ並べるだけでも、しっかり整理されているように見えますよね。半透明で中身が見えすぎないので、洗面台の横に置いてもすっきりします。

ポリプロピレンメイクボックス・仕切付・1/2横ハーフ

いちばん重宝しているのが、6つに仕切られているタイプのこのボックス。洗面台にはこまごましたものが多いので、この仕切りがちょうどいいのです。ただ入れていくだけで自然に整理できますよ。

ポリプロピレンメイクボックス・蓋付・小

このボックスは清潔を保ちたいものやグループでまとめたいものに最適。たとえば衛生的にしておきたいコットンを入れたり、このまま持ち運べるようにネイルのセットを入れたり。また、洗面台の横など、水回りに置く場合もふた付きだと衛生的ですね。

メイクボックスポリプロピレン綿棒ケース・蓋付

ふたが付いて、さらに内側が2つに仕切られているタイプもあります。綿棒って、丸いケースのままだと倒れてとり出しにくくなりますが、これは仕切りのおかげで倒れにくくなり、最後の1本までとりやすくなります。フロス入れにもいいですね。また、これはコンタクト入れとしても便利で、あらかじめ右左で分けておけば朝の時短にもなります。左右の印をつけておけば急いでいても一目瞭然です。

コンタクト入れ。左右が一目でわかるようにフタに印を

このメイクボックスシリーズのさらにすぐれている点は、スタッキングできること。重ねることで狭いスペースを最大限に活用できるし、深い引き出しでもむだなく収納できます。

撮影/松竹修一(松竹写真事務所)、mujikko

mujikko
おもに無印良品の使いごこちなどをレポートした「良品生活」が人気のブロガー。熊本県で夫と小学生の息子と保育園児の娘と暮らす。整理収納アドバイザー1級、整理収納コンサルタント、親・子の片づけインストラクター2級。
良品生活 http://ryouhinseikatsu.blog.jp/

出典 :長く使える ずっと愛せる「無印良品」探し※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ