人気ママムジラーが実践! 無印良品でピッタリ気持ちいい“すき間収納”が完成

コラム
公開日:2017/07/05
人気ママムジラーが実践! 無印良品でピッタリ気持ちいい“すき間収納”が完成

キッチンのちょっとしたすき間。ここをうまく活用すると、キッチンがグンと使いやすくなり、見ためもスッキリします。整理収納アドバイザー1級、整理収納コンサルタントなど、整理収納のスペシャリストとして人気のママムジラーmujikkoさん。ご自身が実際に家で実践している、無印良品のアイテムを使ったおすすめ“すき間収納”についてお話をうかがいました。

キッチンカウンターとダイニングテーブルのすき間もしっかり活用!

無印良品で「まとめ買い」の割引があると、ついつい衝動買いしてしまうわたし……。でも、いままさに必要なものだったら、運命かと思いますよね(笑)。そんな運命に導かれて購入したなかで、買ってよかったもののひとつが「ステンレスワイヤーバスケット2」ですが、キッチンカウンターとダイニングテーブルの微妙なすき間にぴったり! のりやふりかけなど朝食のお供を入れています。食事中にサッととれるので、賞味期限が切れたりすることもなくなりました。

この使い方が気に入って、隣に「アクリルメガネ・小物ケース」を仲間入り。ケースを横にして置き、中には箸置きを入れたら、いちいちとりに行く手間がなくなりました。

「ステンレスワイヤーバスケット2」の中には、のりやふりかけを。見た目よりも大容量なのが気に入って、ほかの場所でも使うようになりました。

「アクリルメガネ・小物ケース」は箸置き入れに。箸置きって、時間と心に余裕があるときしか使っていなかったけど、ここに置いてからは毎日登場するようになりました(笑)。

キッチンカウンター下のスペースもダストボックスで有効利用

すき間といえば、もう一カ所、ぴったりおさまってうれしいものがあります。場所は、キッチンカウンターの下。なんとなくステップを置いていましたが、これがすねに当たること数回。思い切って「重ねて増やせるダストボックス・2段セット」(※ネットストア限定販売)にかえました。名前はダストボックスですが、書類などの収納に使っています。

以前はこのようにステップを置いていましたが……

なんとなく置いていたステップをやめて「重ねて増やせるダストボックス・2段セット」を導入したところ、圧迫感がかなり減りました。いい意味で存在感がないのも好きです。カウンター下にぴったりとおさまってくれたので、足にガンガン当たることもなくなりました。

ただ、使いやすい場所がゆえにぽいぽいほうり込んでいたら、あっという間にぐちゃぐちゃに。こんなときはあのアイテムの出番! 「アクリル仕切りスタンド 3仕切り」。私の救世主です。やっぱりなんでもかんでもほうり込んでいたらダメですね。使いたいものが見つからないし、重要な書類を見落とします。まずはなんでも「仕切る」こと! とくに深いケースは、上から見やすく&とり出しやすくすることが重要だと再確認しました。

仕切りのこの幅が絶妙で使いやすい!

こまごましたものは左のスペースの小さなケースに入れて完成!

撮影/松竹修一(松竹写真事務所)、mujikko

出典 :長く使える ずっと愛せる「無印良品」探し※情報は掲載時のものです

Profile
mujikko
おもに無印良品の使いごこちなどをレポートした「良品生活」が人気のブロガー。熊本県で夫と小学生の息子と保育園児の娘と暮らす。整理収納アドバイザー1級、整理収納コンサルタント、親・子の片づけインストラクター2級。
良品生活

あなたにおすすめ

注目コラム