2才〜5才 トマト・ピーマン・なすがきらい! 好き嫌い克服おすすめ幼児食レシピ

 専門家監修
公開日:2017/06/25
2才〜5才 トマト・ピーマン・なすがきらい! 好き嫌い克服おすすめ幼児食レシピ
監修
牧野直子(まきのなおこ)
管理栄養士。料理研究家。ダイエットコーディネーター。

子どもが嫌いな野菜ランキングで上位を占めるトマト・ピーマン・なすですが、その理由は独特の食感や青臭さ、苦みなど。栄養価が高く、身近な野菜だからこそ、好き嫌いせず食べてほしいですよね。苦手克服ポイントと食べやすくなる調理法を管理栄養士の牧野先生にうかがいました。

「トマト・ピーマン・なすがきらい!」克服ポイント

食感、味、香りなど、調理の工夫で苦手な原因をとり除くのが苦手克服のポイント。たとえばトマトは生はいやでも、加熱すればOKということも。いろいろな調理法を試してみましょう。

食べやすくなるポイント3つ

1 油脂を使って調理しましょう
なすやオクラといった実野菜はうまみを感じにくいのも、苦手になる原因のひとつです。油でいためたり、揚げたりするとコクがでて食べやすくなります。

2 やわらかく加熱しましょう
くたくたになるまで加熱すると、独特の香りや食感が気にならずに食べやすくなります。苦みやえぐみを感じにくいよう、肉やベーコンなど、うまみのある食材と組み合わせるのがポイントです。

3 皮や種をとりましょう
かたい皮にやわらかい実など、なすやトマトは食感の違いが苦手ポイントになることも。かたい皮を除いて調理してみましょう。トマトは口当たりの悪い種もとり除いて。

トマト・ピーマン・なすが食べやすくなるレシピ

子どもが喜んで食べてくれる、トマトとピーマンとなすの簡単おすすめレシピを紹介します。

トマトのだしびたし

皮がスルッととれてやわらか。冷たくしても


材料(大人2人+幼児1人分)

プチトマト 1パック
だし 1カップ
しょうゆ、塩 各少々
削り節 適量

作り方

❶プチトマトはへたをとって4等分に切る。
❷なべにだし、しょうゆ、塩、①を入れて火にかける。トマトが煮えたらいったん火を止めて皮をとり除く。
❸弱火で好みのかたさまで煮含め、器に盛って削り節を振る。
*ふつうサイズのトマトでも同様に作れます。

ピーマンのカレーしょうゆ煮

くたくたに煮て甘みを引き出し、なじみやすい味つけに


材料(大人2人+幼児1人分)

ピーマン 2個
魚肉ソーセージ 1/2本
だし 1/4カップ
油、しょうゆ、カレー粉 各少々

作り方

❶ピーマンはへたと種をとって縦に4等分にし、端から太めのせん切りにする。
❷湯を沸かして①を入れ、くったりするくらいまでゆで、水けをきる。
❸魚肉ソーセージはピーマンと同じくらいの大きさの細切りにする。
❹フライパンに油を熱して②と③を入れていため、だし、しょうゆ、カレー粉を加えて汁けがなくなるまで煮る。

揚げなすのミートソースあえ

濃厚なコクのソースとからめて甘みが際立つ


材料(大人2人+幼児1人分)

なす 2本
ミートソース(市販品) 大さじ2
揚げ油 適量
粉チーズ 少々

作り方

❶なすは皮をむき、1㎝角に切ってさっと水にさらし、ざるに上げて水けをきる。
❷揚げ油を高温(約180度)に熱し、①のなすの水けをふいて入れる。油の中で転がすようにしながら2〜3分揚げ、すくい上げてしっかり油をきる。
❸ミートソースをあたため、②をあえる。
❹器に盛って粉チーズを振る。
* 大人は好みでタバスコを振ってもよい。たっぷりのミートソースであえ、パスタにからめても。

監修
牧野直子(まきのなおこ)
管理栄養士。料理研究家。ダイエットコーディネーター。
乳幼児健診などで食生活についてのアドバイスを行う。多くの乳幼児とその家族に接した経験とご自身の子育て経験とにもとづいて考案された、家庭で作りやすいレシピ、的確なアドバイスが好評。料理教室やテレビの料理番組などでも幅広く活躍している。「スタジオ食」代表。

あなたにおすすめ

注目コラム