先輩ママが教える!“9月生まれベビー”に外せない出産準備マストアイテムはコレ

コラム 公開日:2017/06/14
先輩ママが教える!“9月生まれベビー”に外せない出産準備マストアイテムはコレ

まだまだ暑い日は続くものの、少しずつ涼しい日も出てくる9月。この時期の赤ちゃんについては、季節の変わり目に合わせて、上手に体温調節をしてあげることがポイントです。肌着&ウエアの素材や袖丈、裾丈など、先輩ママたちの工夫を参考にしながら、9月出産予定の妊婦さんは必要な出産準備アイテムをしっかりとそろえていきましょう。

まだまだ暑い9月は吸汗素材の肌着が大活躍! 秋冬用の服はあわてなくてもOK

(9月1日生まれのHくん・Oママの場合)

肌着2枚重ねがちょうどいい! おしゃれなコンビ肌着が活躍

新生児期は、短肌着にコンビ肌着を重ねたスタイルで過ごしました。コンビ肌着は服のように外側に着せていたので、かわいいデザインをセレクト。薄手や厚手、半袖に長袖などバリエをそろえました。足がよく動くようになっても、ずり上がることがなく重宝。

すっぽりハマって夢の中へ…肌ざわり最高のスリング

先輩ママである義理の姉からおすすめグッズとしてもらった、あっきースリング。最初は少し装着がむずかしかったけれど、慣れると赤ちゃんとしっかり密着できて、お互いに安心感があります。お昼寝のとき、これで抱いてユラユラし、寝かせるのに使っていました。

2人でのお出かけはいつだってエルゴ抱っこ

鮮やかなレッドにひかれ、探して購入しました。家のまわりに坂が多いため、徒歩でのお出かけはベビーカーよりも抱っこのほうがラク。首がすわってからは、安定感のあるこのエルゴが大活躍しています。洗濯機で丸洗いして、いつも清潔に。

お世話がこれひとつで完結する便利な3段ラック

お世話に使うグッズは、すべてこのラックにまとめています。上段にはおむつ替えグッズやスキンケア、つめ切りや綿棒などのこまかいもの。中段には服や肌着、下段にはスリングやおくるみなどの布ものを。リビング、寝室、洗面所と、使う場所に移動できてとても便利です。

肌着の厚さを調整しながら、季節の変わり目ならではの温度変化に対応!

(9月11日生まれのNちゃん・Kママの場合)

肌着の素材や袖丈を替えて温度変化にこまやかに対応

暑い時期に生まれ、徐々に涼しくなっていくころだったので、微妙な温度変化に合わせて肌着を替えながら、こまめに体温調節をしました。サラッとして汗を吸いやすい天竺素材の半袖から、ふわっとした厚手の長袖まで、前開きのボディを少しずつ買い足しました。

「スリングでユラユラ」でお昼寝時の入眠もすんなり

新生児期から使っているスリング、ベッタのキャリーミー!プラス。これに入って少しユラユラすれば、すぐに寝てくれたので、首すわり前は特に愛用していました。こまかい調節が必要なものに比べて装着がとても簡単で、パパも寝かしつけに協力してくれました。

横抱きから前向きまで長く使える抱っこひも

横抱っこの新生児期から使える、バディバディのアーバンファンを愛用中です。赤ちゃんの背中や腰を守り、落下を防止する工夫がされていて安心。縦抱っこはもちろん、おんぶや前向き抱っこもできて今後もずっとお世話になりそう。体にしっかりフィットし、まわりとかぶりにくいのもいいです。

バウンサーで体を起こせば気分が変わってゴキゲンに

リッチェルのバウンサーに乗せてベルトで固定し、少し揺らしてあげると、視線とともに気分も変化するのかいつもニコニコ顔に。ずっとねんねの姿勢では、赤ちゃんも飽きてしまうようです。床の掃除などちょっとした家事をするときにも、安心して乗せておけます。

撮影/黒澤俊宏、土屋哲朗(主婦の友社写真課)

出典 :Pre-mo2017年夏号※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ