キレる子やいじめっ子にならないためには? 男の子の子育てが楽になる “キッズコーチング”

 専門家監修 公開日:2017/05/27
キレる子やいじめっ子にならないためには? 男の子の子育てが楽になる “キッズコーチング”
監修
竹内エリカ先生
日本キッズコーチング協会理事長

キレる子どもにさせたくない、いじめっこになったらどうしよう、犯罪者だけにはなってほしくない…。男の子を持つ母親なら、誰もが思っているはずです。自分の子育てが間違っているのではないかと不安になることもあるでしょう。そんな悩めるママたちに、男の子を健全に育てるためのちょっとしたコツをキッズコーチングの竹内エリカ先生が伝授。さっそく今日から実行してみましょう!

「すごい」「えらい」はNG! それぞれの気質に合った育て方を

子どもがよいことをするたびに「すごい」「えらい」とほめていませんか? しかし、お母さんが「すごい」「えらい」と評価を与えて育てると子どもに、「すごい」自分には価値がある、「えらい」自分には価値がある、という偏った人生観を抱かせる可能性があります。
自己肯定感の低さに偏った人生観が結びつくと、自己肯定感を満たすために「人よりも上であること」を求め続けます。一時的には、なんとか自信らしきものを得るけれど、同時に不安も同じ分だけ膨れあがるのです。
そのような無用な不安を抱かせず、男の子の健やかな自立を助けるのに有効なのが“キッズコーチング”です。

キッズコーチングとは…
子どもが自ら望む人生へと導いてあげること。こちらから教えるのではなく、言葉かけや問いかけによって、子どもの中にある答えを引き出す手伝いをすることです。子どもが自立というゴールに向かう過程で必要な、「自分で決める」「自分で考える」「自分で乗り越える」力をつけるのにキッズコーチングは非常に有効。キッズコーチングの中でも特に〝気質〞に合わせた育て方をすると、お母さんは格段に子育てが楽になります。

出典 :しつけの不安と気がかりオール解消バイブル※情報は掲載時のものです

監修
竹内エリカ先生
日本キッズコーチング協会理事長
幼児教育者。20年にわたって、子どもの心理、教育、育成について研究し、子どもから大学生まで約1万2000人を指導してきた。『男の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方』など著書多数。16才と12才の男子の母。

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
抽選で二名様に当たる!エルゴベビー「ベビーキャリア ADAPT(アダプト)」プレゼント 9月30日まで 詳細はこちら
注目コラム