IKEA、ニトリ、DAISO…ベビーグッズ収納に便利なママたちの高所持率4大アイテム

コラム 公開日:2017/06/09
IKEA、ニトリ、DAISO…ベビーグッズ収納に便利なママたちの高所持率4大アイテム

肌着などの着替えやおむつ替えグッズ、スキンケアグッズなど、使用頻度の高い赤ちゃんのお世話グッズは、ママが使いやすいように上手に収納したいものですよね。そこで、先輩ママたちはどんなアイテムを収納に使っているのか一斉調査。「すごく使いやすいよ!」と高所持率だった大人気収納アイテムを4つ紹介していきます。

IKEAの「ラスコーグ」は家中を移動できて便利すぎる

◆Kさん・Sちゃん(1才1カ月)

新生児のころから、お世話グッズはずっとこのラスコーグにまとめています。おむつ類やスキンケアアイテム、着替え、おもちゃまで、たっぷり収納できてすごく優秀です!


◆Yさん・Kちゃん(1才3カ月)

新生児期から使っていて、はじめはおむつやガーゼ、お出かけグッズなどを、成長とともに、おもちゃを中心に収納。特に子ども自身が出し入れする下段はお気に入りが入っています。


◆Yさん・Yちゃん(5カ月)

おむつにミルク準備グッズ、ガーゼにクリームなど、おふろあがりから夜のねんねまでに使うものをすべてここに載せ、リビングから寝室へと移動させて使っています。

ニトリの「キャリコ」は重ねて増やせて長く使えるのが◎


◆Oさん・Aくん(5カ月)

フタを斜め上に開けるタイプの収納ボックスなので、口が大きく、出し入れがしやすい点が〇。ホワイトを3段重ねてリビングに置き、服、肌着、タオルなど種類別に収納しています。


◆Nさん・Hちゃん(4カ月)

おむつ替えグッズを収納しています。キャスターつきで移動がラクな点、フタつきなので来客があったときには中をサッと隠せる点がお気に入り。奥が深く、収納力もたっぷりです。


◆Yさん・Aちゃん(5カ月)

2つ並べて上の子のおもちゃ収納として愛用中。引き出し式に比べて子どもが開閉しやすく、お片づけも簡単。上にものを置けるので、おままごと道具を並べて遊んでいます。

DAISOの「ストレージボックス」は持ち手つきで持ち運びラクラク♡


◆Kさん・Yくん(3カ月)

リビングのベビーベッドの横に置き、服や肌着などのウエアをラフにたたんで入れています。洗濯のすんだものをたたむ際などにも、持ち運びしやすいのが一番のポイント。


◆Wさん・Sちゃん(4カ月)

おむつやおしりふき用と、クリームや綿棒、体温計などのお世話グッズ用の2つを使っています。持ち手つきなので、リビングから寝室のベビーベッドへと毎日持ち運んでいます。


◆Mさん・Kくん(5カ月)

使用頻度の高いおむつ替えアイテム、ボディローションや綿棒などを、持ち手つきボックスにまとめています。おふろあがりのスキンケアからお着替えまで、一気にすみます。

100均の「フックつき収納ケース」はベビーベッドにかけられて重宝


◆Hさん・Mちゃん(5カ月)

ベビーベッドの柵に2つかけて、すぐに使えるようにおむつ類、着替えを分けて入れています。お世話の中心の場所に収納スペースをプラスできてとても便利です。


◆Nさん・Yくん(1才4カ月)

寝室のベビーベッドのサイドに引っかけて、おむつやクリーム類をまとめてあり、寝る前のケアに使っています。とりはずしも簡単にできるので、日中はリビングに置いてあります。


◆Hさん・Aちゃん(4カ月)

ママ友のおすすめとしてお祝いにいただいたものを、ベビーベッドの柵に取りつけ、ケアグッズをすべて収納しています。腰をかがめずにラクに赤ちゃんのお世話ができます。

撮影/園田昭彦

出典 :Pre-mo2017年夏号※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
抽選で二名様に当たる!エルゴベビー「ベビーキャリア ADAPT(アダプト)」プレゼント 9月30日まで 詳細はこちら
注目コラム