先輩夫婦が証言「このままいくと離婚? 子どもが生まれてからの夫婦の不仲、解決しないとこうなる!」

コラム 2017/05/18更新
先輩夫婦が証言「このままいくと離婚? 子どもが生まれてからの夫婦の不仲、解決しないとこうなる!」

育児への不参加やセックスレス、寝室別問題など、ありがちな夫婦問題も、放置しておくととり返しのつかない事態に! ママたちの身に実際に起きた、他人事とは思えないリアルな話を公開。また、産前産後の「違和感」をつづったリアル育児マンガから読みとく「産後の夫婦の危機を脱出する3つのキーワード」も紹介します。産後の夫婦関係の参考にして!

明日はわが身⁉ 先輩夫婦の不仲エピソードを公開!

「双子育児に非協力的な夫に愛想を尽かしました」

双子が生まれても夫は、休日もサッカーなど趣味優先で非協力どころか無協力。私の実母から注意してもらい、ようやく育児を手伝ってくれても、子どもがなついていないから夫もイライラ。いつまでも「こっちは働いている」という横柄な態度に出るので、1才になる前に離婚を決意。出産するまでは、相手の本質が見えていなかったのかなあと思います。(H・Kさん)

「反射的に夫を拒否する私。子どもにも悪影響?」

産後から夫のことを生理的に受けつけなくなり、となり同士で寝ることもイヤな状態に……。自分自身は「ホルモンバランスの乱れのせい」と言いわけしていましたが、産後1年半たっても受け入れられませんでした。夫のほうからスキンシップをはかろうとして、体をさわってきたとき、反射的に「やめて」と手を払って気まずいムードに……。娘はその雰囲気を感じとっている気がします。離婚は現実的ではないし、子どものために「冷え切った夫婦」にならないよう、どうすればいいのか悩んでいます。(Y・Iさん)

「急に夫に離婚を宣言され、ハッと目が覚めた!」

子どもが3才になり、2人目が欲しいと思ったのですが、ずっとセックスレスだったので、どうしよう?と悩んでいたある日、急に夫に「離婚したい」と言われました。寝室が別、休日は私の実家に行くなど、夫を仲間はずれにしていたようで、かなり追い詰められていました。2人目を考えていたことや、家族として大事に思っていることなど、普段は口に出して伝えられないことを話したら、夫が号泣! それを機に夫婦の距離が近づき、今2人目を妊娠中です。あのとき、きちんと話し合っておいてよかった!(W・Oさん)

離婚回避! 産後夫婦の危機を脱出するために!

育児マンガ『ママだって、人間』から読みとく3つのキーワード

出産や育児でできた夫婦のミゾ、できることなら修復したいもの。笑っちゃうほどリアルに描かれたエッセイマンガ『ママだって、人間』から見えてきた、夫婦関係を円満にするコツを紹介します!

『ママだって、人間』 著:田房栄子 “妊娠したら性欲は二の次”など、よく聞くフレーズだけど実際体験してみると違和感だらけ! 作者が生の声を赤裸々に描く出産育児コミックエッセイ。産後の夫婦関係のヒントに!999円/河出書房新社刊

キーワードその1 産後の女性はガラスのハート

産後特有の心身バランスの乱れも原因

ふとしたことで気づいたら号泣!なんて、よくあるのが産後です。産後の心身バランスの乱れからくる不安定さは「いつかは終わりがくる」と思うこと。夫の何げない言動に深く傷ついたとき、正直に伝えてみるのも手。

キーワードその2 いい母にならなくていい

家事育児を完ぺきにこなすことだけが正解じゃない

周りと比べて「自分はダメな母では?」と思うこともしばしば。特に年配者や男性から“いい母像”を押しつけられることがあるけれど、ちょっと待って。もっと自分らしく、育児をしてもいい! そんな心がけが大事です。



キーワードその3 わが夫をあきらめない

ケンカをしてもいい! 夫婦は家庭の共同経営者

「どうせ言ってもわかってくれない」とあきらめて、ママ一人でがんばっていませんか? ときにはぶつかり合っても、クライシスを迎えた今こそ、夫婦で話し合える環境を大切に。夫がおじいちゃんになったとき、ロボットのようにならないためにも……。

イラスト/小迎裕美子



関連記事 もっと見る

出典 :Baby-mo 2017年春夏号※情報は掲載時のものです