赤ちゃんや子供が夏によくかかる感染症「ヘルパンギーナ」の症状とおうちケア

 専門家監修 公開日:2017/05/09
赤ちゃんや子供が夏によくかかる感染症「ヘルパンギーナ」の症状とおうちケア
監修
渋谷紀子先生
総合母子保健センター愛育クリニック
監修
原 朋邦先生
はらこどもクリニック医院長

のどの痛みが強く、思うようにおっぱいが飲めない、離乳食が食べられないなどの症状が見られるヘルパンギーナ。夏に流行する感染症として病名を聞いたことはあるけれど、具体的な症状はわからない、というママも多いはずです。ここではヘルパンギーナについて、その原因や治療法などを詳しく紹介していきます。

ヘルパンギーナとはどんな病気?

乳幼児がかかりやすく、くしゃみやせきなどによって感染する病気です。高熱が出る、飲んだり食べたりするのを嫌がる、口やのどの奥にブツブツができるのがこの病気のサインです。

ヘルパンギーナが流行する時期は夏が多い? 冬は?

ヘルパンギーナは、手足口病、咽頭結膜熱などとともに、夏に流行する感染症で、俗に「夏かぜ」とも呼ばれます。冬にも見られますが、主に夏から秋の初めに流行します。

ヘルパンギーナはコクサッキーA群ウイルスが主な原因

手足口病と同じで、コクサッキーA群というウイルスが原因ですが、ウイルスの型がいくつもあるので、何度もかかることも珍しくありません。原因となるアデノウイルス、コクサッキーA群、B群、エコーウイルス、エンテロウイルスなどは、感染力が強く、くしゃみやせきなどの飛沫感染や、うんちなどにふれることによっても感染します。まれにですが、脳炎、髄膜炎、心筋炎などの合併症を起こすことがあります。嘔吐やぐったりするなど、見るからに様子がおかしい場合は、すぐに受診してください。また、感染しても症状の全く出ない不顕性感染もあります。

ヘルパンギーナってどんな症状?


突然の発熱とのどの痛みから始まるのがヘルパンギーナ。のどが痛そうで、おっぱいや離乳食を嫌がります。

38~39度の高熱が出る

突然高熱が出ますが、熱は2~3日で自然に下がります。ただし、熱の上がり始めにけいれんを起こす子もいるので注意しましょう。

口の中に口内炎のようなものができる

のどの奥が腫れて、十個以上の水疱ができることもあります。それが2~3日で2~3㎜の大きさになってつぶれ、黄色っぽい潰瘍になります。潰瘍はしみて痛むので赤ちゃんは不機嫌になり、だ液を飲み込むこともできなくなります。そのためよだれがたくさん出たり、吐きやすくなったりすることも。熱は2~3日で下がりますが、のどの痛みはさらに2~3日続きます。

ヘルパンギーナの潜伏期間や手足口病との違い

ヘルパンギーナの潜伏期間は2~4日とされています。同じく夏に流行する病気に「手足口病」がありますが、ヘルパンギーナがのどの奥にたくさんの水疱ができるのに対し、手足口病は口内のほかに、手、足にも発疹が出ることがあります。また、ヘルパンギーナは高熱が出るいっぽう、手足口病の場合は38度くらいの熱が1~2日で下がり、微熱だったり、まったく熱が出ないこともあります。

ヘルパンギーナの治療は、基本的に対症療法


ウイルス感染症のため特効薬はなく、治療は対症療法になります。熱が下がれば自然に治るので、家で安静にしていることが一番です。ただ、のどが痛く水分をとるのをいやがるので、脱水症状にならないように気をつけましょう。つるんとしたゼリーやひんやりした野菜スープなど、飲み込みやすいもので水分補給を。水分をまったく受け付けないときは、点滴で水分を補給するので受診しましょう。

熱がつらければ解熱薬を処方されることも

熱がつらいときは解熱剤が処方されることもありますが、発熱期間はそれほど長くありません。熱のために眠れないなど、つらそうでなければ、使わずに様子を見ても。

ヘルパンギーナになったら保育園や幼稚園は登園できる?

主にくしゃみやせきなどで近くにいる子にうつるので、保育園や幼稚園などでは毎夏、流行することがしばしばです。症状が消えたあとも、その子のだ液や便などからウイルスが排出されます。不顕性感染した子も感染源になるので、症状の出た子だけ登園・登校禁止にしても、集団の感染はコントロールできません。症状が落ち着けば登園・登校はかまいませんが、症状の変化には注意をはらいましょう。

ヘルパンギーナは手洗い・うがいで予防を


ヘルパンギーナの原因となるコクサッキーA群、コクサッキーB群、エコーウイルスなどは感染力が強く、しゃみやせきなどでうつります。そのため、手洗い・うがい・マスクをするなど基本的な予防を心がけることが大切です。

おっぱいを飲めなくなったり吐いてしまったり、高熱やのどの痛みで苦しそうにしている赤ちゃんを見るのは、ママもつらいですね。離乳食はなめらかでのどごしのいいものを、よく冷ましてから食べさせるのがポイントです。もっとも大事なのは、脱水症状を防ぐこと。母乳や乳幼児用のイオン飲料、麦茶、湯冷ましなど、赤ちゃんが飲めるものを少しずつ飲ませてください。

出典 :はじめてママ&パパの 0~6才 病気とホームケア※情報は掲載時のものです

監修
渋谷紀子先生
総合母子保健センター愛育クリニック
東京大学医学部卒業。東京大学医学部附属病院、山王病院、NTT東日本関東病院などの勤務を経て、現職。専門は小児アレルギー。私生活では四女の母でもある、やさしくパワフルなドクターです。
監修
原 朋邦先生
はらこどもクリニック医院長
熊本大学医学部卒業、同大学院研究科修了。熊本大学付属病院 小児科医局長、国立西埼玉中央病院小児科医長などをへて、埼玉県所沢市にて開業。宮古島や韓国などでも医療活動の経験あり。外来小児科学会理事、埼玉県医師会裁定委員なども務める、小児科のベテラン医師。

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
抽選で二名様に当たる!エルゴベビー「ベビーキャリア ADAPT(アダプト)」プレゼント 9月30日まで 詳細はこちら
注目コラム