妊娠6〜10カ月妊婦さんのリアルな日常に密着!今ハマっている食べものを教えて

コラム 2017/10/17更新
妊娠6〜10カ月妊婦さんのリアルな日常に密着!今ハマっている食べものを教えて

妊娠すると貧血や便秘などのマイナートラブルも続出! それらを改善するために、またおなかの赤ちゃんのために、みなさん食生活にもいろいろと気をつかっていることでしょう。周りの妊婦さんたちはどんなものを食べているのか、妊娠6〜10カ月の妊婦さんたちに、実際に今ハマっている食べものをいろいろ教えてもらいました。

貧血の予防に鉄分たっぷりのアサイーをおやつに!

●Iさん(妊娠8カ月)のイチオシ

鉄分が豊富と聞いて、アサイーをよく食べています。いちご、バナナでビタミンやカリウム、シリアルで食物繊維も補給できて最高のおやつ! おかげで貧血知らずで元気です。

また、妊娠してからは赤ちゃんのこと、自分の体のことを考えて食事をするように。野菜や肉、魚の栄養を丸ごととれる無水調理にハマっています。ストウブの鍋で作った肉じゃがは野菜の甘みがしっかり出て最高。ほかにも、ヨーグルトや漬け物で“菌活”。おかげで便秘知らずです!

手作りバナナジュースで便秘防止!おやつはカルシウムや鉄分入りのものを

●Yさん(妊娠6カ月)のイチオシ

妊娠中は便秘になりがちと聞いたので、食物繊維が豊富なバナナを積極的に摂取。豆乳といっしょにジュースにするのが定番です。自然な甘みがおいしい!

妊娠してから、おやつを食べたい欲がアップ。そこで、「どうせ食べるなら体にいいものを」と、カルシウムや鉄分入りのウエハースやチーズをストックするように。飲み物もノンカフェインや野菜ジュースをセレクトします。子ども用のウエハースや卵ボーロは甘さ控えめ&低カロリーで◎。ミネラルや良質な油が豊富なナッツは小腹がすいたときはもちろん、料理に使うことも。

前回は16㎏増!反省を生かして体重管理、がんばっています

●Nさん(妊娠7カ月)のイチオシ

前回の妊娠では16kg増でむくんで、最後はビーサンしかはけませんでした……。今回はおやつに枝豆、ナッツ、フルーツなどヘルシーなものを少しずつ食べて、ドカ食いを防いでいます。こんにゃくゼリーの杏仁ミルク味は甘くて食べごたえがあるのに1個9㎉。食物繊維もとれるから、便秘の予防にもなって◎です。

ノンカフェインのルイボスティーとプロテインが欠かせない!

●Sさん(妊娠9カ月)のイチオシ

妊娠してからは体を冷やさないよう、飲み物は極力ホットで。ノンカフェインのルイボスティーは時間を問わず、プロテインは豆乳で割って朝食に飲んでいます。アルプクエルジャパンのルイボスティー・マザーアース。くせがなく、飲みやすい! プロテインは海外のニューフィーナというメーカーのもの。コラーゲン摂取に最適です!

おやつが大好き!体重管理を考えながら食べてます

●Yさん(妊娠10カ月)のイチオシ

おやつが大好きでやめられません。基本はいちごやドライフルーツ、ナッツなど、なるべくヘルシーなものを食べて、その分夕飯を控えめにしたりと調節しています。ほかにも、グルテンフリーのパンケーキやバナナケーキなどの手作りおやつで満足感をUP。自分で作ると甘さが調節できるところが◎です。

撮影/柴田和宣(主婦の友社写真課)、楠 聖子



関連記事 もっと見る

出典 :Pre-mo2017年夏号※情報は掲載時のものです