【医師監修】妊娠検査薬はいつから反応する?正しい使い方と時期は?フライング検査はできる?

 専門家監修
公開日:2017/04/26
更新日:2019/07/02
【医師監修】妊娠検査薬はいつから反応する?正しい使い方と時期は?フライング検査はできる?
監修
海老根真由美先生
白金高輪海老根ウィメンズクリニック 院長

生理が遅れる、なんとなく体がだるいなど、「もしかして妊娠?」と思ったら、まずは妊娠検査薬を試してみましょう。妊娠検査薬は説明書に従って使えば、それほど難しいものではありませんが、その正しい使い方や判定可能な時期、気になるフライング検査のことなどをご紹介します。先輩ママが使ってみたときのエピソードも参考にしてみて!

妊娠検査薬の先輩ママの口コミ・体験談

妊娠検査薬はいつ使用した?

妊娠検査薬はいつ使用した?の結果グラフ

市販されている妊娠検査薬の多くは、使用できる時期として「生理予定日のおおむね1週間後から」と記載されています。実際みんなはどの時期に妊娠検査薬を使用しているのでしょうか…!その結果は「生理予定日の一週間後以降」に使用した人が半数以上。とはいえ、妊娠を待ち望む側としては妊娠の可能性を早く知りたくなるもの。「生理が少し遅れたな」というタイミングで使用した人も約3割という結果になりました。

生理予定日の1週間後以降」よりも前に使用して、陽性反応は出た?

生理予定日の1週間後以降」よりも前に使用して、陽性反応は出た?の結果グラフ

「生理予定日の1週間後以降」よりも前に使用した人の陽性反応が出た割合は約8割!妊娠検査薬の線は、「薄っすらと出た」人もいれば「濃くはっきり出た」人もいました。

陽性反応が出て、本当に妊娠していた?

陽性反応が出て、本当に妊娠していた?の結果グラフ

「生理予定日の1週間後以降」よりも前に使用して陽性反応が出た人を対象に、その後本当に妊娠していたかどうかを調査しました。すると「妊娠していた」人が約8割という結果に。数日後に再度妊娠検査薬で陽性反応を確認してから産婦人科を受診したというママも。

監修
白金高輪海老根ウィメンズクリニック 院長 海老根真由美先生/埼玉医科大学医学部卒業後、埼玉医科大学総合医療センター母体胎児部門病棟医長をへて現職。妊娠中や産後のママの心のケアにも力を注いでいます。私生活では2人のお子さんのママ。

妊娠検査薬の仕組みとは?陽性と陰性は何で判定しているの?

妊娠するとhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが分泌されます。妊娠検査薬は尿の中に含まれているこのホルモンに反応します。尿をかけるだけで簡単に使え、精度もとても高いものです。(海老根先生) hCGは着床すると作られ始め、生理予定日である妊娠4週目ごろから尿の中に出てきます。その後、妊娠2~3カ月(妊娠4~11週)ごろ作られる量がピークに達し、出産を終えるまで出続けます。ホルモン剤の投薬や高度な糖尿病などをのぞき、通常の場合では、妊娠しなければ尿の中に出てくることはありません。

出典 :First Pre-mo(ファーストプレモ)2017年春夏号 ※情報は掲載時のものです

監修
海老根真由美先生
白金高輪海老根ウィメンズクリニック 院長
埼玉医科大学医学部卒業後、埼玉医科大学総合医療センター母体胎児部門病棟医長をへて現職。妊娠中や産後のママの心のケアにも力を注いでいます。私生活では2人のお子さんのママ。

あなたにおすすめ

注目コラム