【妊娠13週6日/予定日まで183日】赤ちゃんの腸の配置が整ってきました

【妊娠13週6日/予定日まで183日】赤ちゃんの腸の配置が整ってきました

連載 2人で読む 【妊娠初期】 安心マタニティ

胃腸が働き始めるのはまだ先ですが、腸はあるべき場所におさまりつつあるあります。ママのおなかはまだそれほど出ていないかもしれませんが、そろそろ妊娠線対策を始めてみましょう。しっかり保湿をして、今のうちから肌が乾燥しないようケアしていくことが大事です。


【赤ちゃん】小腸、大腸がおさまりつつあります

消化器官としての胃腸が働き始めるのは、まだ先ですが、形は整ってきました。小腸と大腸も、将来おさまるべき位置におさまりつつあり、小腸を取り囲むようにして大腸がぐるっと配置されています。

【ママ】保湿して妊娠線の対策を始めましょう!

まだおなかも出ていないうちから?と思われるかもしれませんが、妊娠線の対策をそろそろ始めてもいいかもしれません。とくに、秋から冬、これから空気が乾燥する季節におなかが大きくなる人は、肌の乾燥が激しいので、保湿が非常に重要です。肌細胞は、一つひとつに十分な水分を蓄えていることで、弾力をキープしています。水分が蒸発してしまうと、弾力はなくなり、肌の表面が荒れたり、かゆくなったりします。妊娠線ができるのは、表皮の奥の真皮層に断裂が起きた様子が表皮を透かして見えている状態。内側から大きくふくらんで表面積が広がるのに、外側の皮膚が乾燥して弾力性を失っていることで、さらに断裂が起こりやすくなるのです。皮膚の性質によっても、今のうちから保湿をして表皮をいい状態にキープし続けることはとても大事です。妊娠線の予防だけでなく、妊娠性痒疹といってかゆみが起こることがありますが、その原因をへらすことにもつながります。


この連載について

「もしかしたら妊娠?」と思ったときから初期妊婦さんは不安なことだらけ。妊娠初期90日の週ごと&日ごとのアドバイスを読んでいくことで、そのときの赤ちゃんの様子、ママの生活上の注意点などが少しずつ理解でき、赤ちゃんの成長を実感できます。35年以上にわたって妊婦さんと赤ちゃんを見守ってきた産婦人科ドクターによる温かくて信頼できるアドバイス!

最新の記事

【妊娠15週6日/予定日まで169日】明日から安定期に入ります

【妊娠15週5日/予定日まで170日】足のつけ根をストレッチしましょう!

【妊娠15週4日/予定日まで171日】歩き方を変えるだけで運動量がアップ!

監修
鮫島浩二先生
産婦人科医
東京医科大学卒業後、東京警察病院、木野産婦人科医院などをへて、2006年さめじまボンディングクリニック開院。妊婦さん自身が主体になるお産を実践。また、母と子、父と子、そして妊婦さんどうしの絆づくりを支援する日々。ベストセラー『わたしがあなたを選びました』著者。3男の父。 (*)リーブ法の母親学級:さめじまボンディングクリニックで実施される、現代の日本の妊婦さんに向けたリラックス出産法。
さめじまボンディングクリニック

出典 :First Pre-mo、安心マタニティ280DAYS※情報は掲載時のものです

クリップ

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
抽選で二名様に当たる!エルゴベビー「ベビーキャリア ADAPT(アダプト)」プレゼント 9月30日まで 詳細はこちら
注目コラム