【妊娠12週3日/予定日まで193日】太いへその緒でつながっています

【妊娠12週3日/予定日まで193日】太いへその緒でつながっています

連載 2人で読む 【妊娠初期】 安心マタニティ

ママと赤ちゃんは太いへその緒でつながり、酸素や栄養が送られています。そのママのおへそも、かつてはへその緒でおばあちゃんの子宮とつながっていました。今日はそんなへその緒とおへその話をしましょう。


【赤ちゃん】おへそから飛び出していたへその緒が体のなかにしまわれていきます

臍帯(さいたい)の太さは、妊娠初期のころは赤ちゃんの体に対して非常に太いもの。最終的には体が大きくなりますから、普通の「おへそ」の直径になります。その臍帯の根元が太いせいもあり、腸管の一部はおへその部分から臍帯に向かってはみ出したような状態になっていました。これを生理的臍帯ヘルニアと呼びます(ヘルニアとは、臓器があるべき場所からはみ出している状態をいいます)。ヘルニアだった腸が、だんだん赤ちゃんのおなかのなかにきちんとしまわれていくのが、このころです。ただ、なかにはそのまま少しはみ出した状態で誕生することもあり、見た目は大きなでべそ、「臍(さい)ヘルニア」となります。生まれてから、経過を見たり手当てをしていきます。

【ママ】命と命をつなぐ目に見える痕跡がおへそ

ママのおへそと、あかちゃんのおへそは、つながっていません(そう信じている人が、たまにいるので一応書いておきます)。赤ちゃんがいる位置は、確かにママのおへその下あたりで、中期以降は、本当におへその直下にいますが、トンネルみたいにつながっているわけではありません。ママのおへそがつながっていた先は、ママのお母さん、新しくおばあちゃんになる人の子宮でした。命と命をつないでくれた、目に見える唯一の痕跡が、おへそなのです。

【ドクターより】おなかの赤ちゃんのことを考えて行動を

おなかの赤ちゃんは、あなたしか頼れない、無力な小さな存在です。あなたは唯一無二の「自分を守ってくれる存在」です。あなたを信じてくれているその人に対して、どうぞ誠実であってください。おなかのなかに命を宿すのは、長い人生のなかのほんのわずかな時間です。この幸福な時間を誠実に過ごすことで、赤ちゃんとの絆が深く結ばれるのだと思います。


この連載について

「もしかしたら妊娠?」と思ったときから初期妊婦さんは不安なことだらけ。妊娠初期90日の週ごと&日ごとのアドバイスを読んでいくことで、そのときの赤ちゃんの様子、ママの生活上の注意点などが少しずつ理解でき、赤ちゃんの成長を実感できます。35年以上にわたって妊婦さんと赤ちゃんを見守ってきた産婦人科ドクターによる温かくて信頼できるアドバイス!

最新の記事

【妊娠15週6日/予定日まで169日】明日から安定期に入ります

【妊娠15週5日/予定日まで170日】足のつけ根をストレッチしましょう!

【妊娠15週4日/予定日まで171日】歩き方を変えるだけで運動量がアップ!

監修
鮫島浩二先生
産婦人科医
東京医科大学卒業後、東京警察病院、木野産婦人科医院などをへて、2006年さめじまボンディングクリニック開院。妊婦さん自身が主体になるお産を実践。また、母と子、父と子、そして妊婦さんどうしの絆づくりを支援する日々。ベストセラー『わたしがあなたを選びました』著者。3男の父。 (*)リーブ法の母親学級:さめじまボンディングクリニックで実施される、現代の日本の妊婦さんに向けたリラックス出産法。
さめじまボンディングクリニック

出典 :First Pre-mo、安心マタニティ280DAYS※情報は掲載時のものです

クリップ

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
抽選で二名様に当たる!エルゴベビー「ベビーキャリア ADAPT(アダプト)」プレゼント 9月30日まで 詳細はこちら
注目コラム