【妊娠11週2日/予定日まで201日】立ちくらみが起こりやすくなります

【妊娠11週2日/予定日まで201日】立ちくらみが起こりやすくなります

連載 2人で読む 【妊娠初期】 安心マタニティ

赤ちゃんには必要な臓器がだんだんでき上がってきました。ママはおなかの赤ちゃんのためにたくさん血液を送っていることから、立ちくらみが起こりやすくなります。急な動作を避けてゆったり過ごしましょう。そんな11週2日の赤ちゃんとママの様子をご紹介します。


【赤ちゃん】頭からおしりまで4cmほど!

頭からおしりまでの長さはまだ4㎝あるかなしかなのに、すでに、心臓、腎臓をはじめ、すい臓、肝臓、胆のう、肺、甲状腺といった臓器ができてきました。生き続けていくための内臓が刻々とでき上がっていきます。ただ、もちろんまだ形が整ってきたというだけで、しっかり機能し始めるのはまだまだ先です。

【ママ】急な動作を避け、ゆっくりゆったり過ごしましょう

妊娠してから起こる症状のひとつに、「立ちくらみ」があります。おなかの赤ちゃんに栄養や酸素を届けるために、たくさんの血液が子宮に集中して送り出されています。どんどん大きくなる赤ちゃんに、たくさんの血を送っているのです。頭のほうへの血の循環が足りなくなって、そこで起こるのが立ちくらみです。でも、これはしかたがないこと。対策としては急に立ち上がるなどの動作を避けて、ゆっくりゆったり過ごすようにしましょう。外出するときには、時間のゆとりをもつ練習も始めてください。なお、立ちくらみは「脳貧血」とも呼ばれるため、いわゆる貧血と勘違いされることがありますが、体の鉄分が足りない「鉄欠乏性貧血」とは原因が異なります。

【ドクターより】不安がわいてきたら、何に対してどう不安なのかを明らかにして

妊娠期間は、「不安」の種がせっせと発芽するときなのかもしれません。妊娠した喜びもつかの間、過去、現在、未来のすべてに不安を感じ始める人は多いもの。とくにこの時期の相談で多いのは、妊娠前の薬、食べ物、放射能です。「以前飲んだあの薬は、赤ちゃんに悪影響を与えないだろうか」、「この食べ物に体によくない添加物が入ってないかしら」。
そして、東日本大震災以降は、放射能を心配する妊婦さんたちが増えてきました。妊娠に気づく前に撮影したレントゲンだけでなく、空気中や食品に含まれる放射能です。
不安の種が芽生えてきたと感じたら、自分が何に対してどうして不安を感じるのかを明らかにしてみてください。たとえば「市販薬を飲んだ」「レントゲン撮影をした」などの事実がある場合には、「妊娠何週目何日に、どんな薬を何錠飲んだ」などの具体的な事実を書き出して、主治医に相談しましょう。


監修
鮫島浩二先生
産婦人科医
東京医科大学卒業後、東京警察病院、木野産婦人科医院などをへて、2006年さめじまボンディングクリニック開院。妊婦さん自身が主体になるお産を実践。また、母と子、父と子、そして妊婦さんどうしの絆づくりを支援する日々。ベストセラー『わたしがあなたを選びました』著者。3男の父。 (*)リーブ法の母親学級:さめじまボンディングクリニックで実施される、現代の日本の妊婦さんに向けたリラックス出産法。
さめじまボンディングクリニック

出典 :First Pre-mo、安心マタニティ280DAYS※情報は掲載時のものです

この連載について

2人で読む 【妊娠初期】 安心マタニティ

「もしかしたら妊娠?」と思ったときから初期妊婦さんは不安なことだらけ。妊娠初期90日の週ごと&日ごとのアドバイスを読んでいくことで、そのときの赤ちゃんの様子、ママの生活上の注意点などが少しずつ理解でき、赤ちゃんの成長を実感できます。35年以上にわたって妊婦さんと赤ちゃんを見守ってきた産婦人科ドクターによる温かくて信頼できるアドバイス!

最新の記事

【妊娠15週6日/予定日まで169日】明日から安定期に入ります

【妊娠15週5日/予定日まで170日】足のつけ根をストレッチしましょう!

【妊娠15週4日/予定日まで171日】歩き方を変えるだけで運動量がアップ!

クリップ

あなたにおすすめ