離乳食の手づかみ食べスタートに! ベビー大満足の旬野菜メニュー【生後9~11カ月・カミカミ期編】

 専門家監修
公開日:2017/04/11
更新日:2017/12/26
離乳食の手づかみ食べスタートに! ベビー大満足の旬野菜メニュー【生後9~11カ月・カミカミ期編】
監修
上田淳子先生
料理研究家

歯ぐきでつぶして食べられるようになるカミカミ期(生後9~11カ月ごろ)。食べることがじょうずになり、なかには手づかみ食べを始めるベビーも。ここでは、ベビーの食欲を刺激する見た目にもかわいいメニューを紹介。バナナを指でつぶした感触を目安に調理してくだいね。

にんじんのオレンジ煮

◆材料◆
にんじん……20g(2cm角2個)
オレンジ果汁……大さじ3

◆作り方◆
1 にんじんは、小さめのいちょう切りにする。
2 小鍋に1、オレンジ果汁を入れ、かぶる程度の水を加え、やわらかくなるまで煮る。

オレンジは、しぼり汁か100%オレンジジュースを使えば、簡単に果物をとることができます。

レバー入りお好み焼き

◆材料◆
鶏レバー……15g
キャベツの葉……30g(中1/3個)
小麦粉……大さじ2
植物油……少々

◆作り方◆
1 小鍋にキャベツとレバーを入れてやわらかくゆでる。あら熱がとれたら、キャベツはせん切りにし、水けを軽くきる。レバーはこまかく刻む。
2 ボウルに1、小麦粉を入れてまぜ合わせる。水分が足りないようであれば水を少量加えてまぜる。
3 フライパンを中火にかけ、植物油を引き、あたたまったら2を流し入れて、約5分を目安に両面をこんがりと焼く。
4 あら熱がとれたら、食べやすい大きさに切る。

鉄分を多く含む栄養価の高いレバーは、カミカミ期から食べられます。

玉ねぎと大豆のトマト煮

◆材料◆
玉ねぎ……10g(1cm幅のくし形切り1個)
水煮大豆……15g(大さじ1)
トマト……20g(中1/8個)
オリーブ油……少々

◆作り方◆
1 玉ねぎはみじん切りにする。
2 大豆は皮をむき、あらみじんに切る。
3 トマトは皮と種を除き、あらみじん切りにする。
4 フライパンを中火にかけて、オリーブ油を引き、あたたまったら1を約1分いため、2、3を加えてさらに約2分いためる。

大豆を使うときは、消化の悪い薄皮をていねいにとり除きましょう。

出典 :Baby-mo 2017年春夏号※情報は掲載時のものです

監修
上田淳子先生
料理研究家
調理師の専門学校の西洋料理研究職員を経て渡欧。ヨーロッパや日本のレストランなどで修行後、雑誌、書籍、テレビなどで幅広く活躍。作りやすくおいしいレシピには定評がある。著書に『きちんとおいしいクイックレシピ』『中学・高校生のお弁当』(ともに文化出版局)、『パパっと塾弁』(講談社)、『保温調理鍋[シャトルシェフ]のおいしいレシピ』(扶桑社)、『共働きごはん』(主婦の友社)など多数。『Baby-mo』でもこれまで数多くの離乳食レシピを考案。双子の男の子のママ。
http://juncook.com/

あなたにおすすめ

注目コラム