人気No.1! の習い事「スイミング」。赤ちゃんから始めるメリットはコレ!

コラム 2017/10/17更新
人気No.1! の習い事「スイミング」。赤ちゃんから始めるメリットはコレ!

子どもの可能性を引き出す習い事。その種類は今や運動系から芸術系、知育教育まで幅広くありますが、ママたちの子ども時代から習い事の王道といえば「スイミング」。赤ちゃん時代から始めると、どんないい効果があるのでしょう。親子でいっしょに参加するベビースイミングの人気レッスンをレポートします。

積極的に取り組む姿も! ジャグジー併設なら帰りはあったか

「♪いっち~に、チュッ! ほっぺさん、チュッ!」。ベビーコースは、コーチの元気な声が響き渡ります。準備体操のあと、足、体、顔と順に水をつけ、歌に合わせてプールの中を動いたり、足をバタバタしたり。水に慣れてくると、赤ちゃんの顔が輝き出します。この日の参加は12組。始めて1年以上の親子も多く、立った状態から一人で飛び込める子や、浮き具をつけて進める子も! フリータイムでは自分でおもちゃを取りに行くなど、積極的な姿が目立ちました。ジャグジーも併設しているので、冬は温まってから帰り支度ができる点も人気です。

いま始めるメリット1 心地いい疲労で夜もグッスリ
水中で体を動かすことは、0才の赤ちゃんからできる全身運動です。50分間のレッスンを受けた日の夜は睡眠も深くなり、生活リズムが整うきっかけに。

いま始めるメリット2 ママとのふれあいで親子が笑顔に
3才になるまでのベビークラスは親子いっしょ。大好きなママと密着できるから、自然と赤ちゃんもニコニコになるんです。ママもリラックスできて好循環! 

いま始めるメリット3 遊びの延長で水がこわくなくなる
赤ちゃんは水への順応性が高いといわれています。最初の1~2回で泣いてもすぐに慣れるそう。歌やリズムを取り入れたレッスンだから、いつのまにか恐怖心も飛んでいきます。

参加した親子のリアルボイス!

◆10カ月から始めて1年5カ月 Tさん&Rくん(2才3カ月)
小学生の姉兄3人もベビーコースから始めて、体が強くなったことを実感。キッズコースでも続ける予定です。
◆1才2カ月から始めて1年4カ月 Dさん&Yちゃん(2才6カ月)
ぽっちゃり体型だったので運動をさせたくて。おふろをイヤがらなくなり、この1年でかぜをひきにくくなりました!
◆1才10カ月から始めて1年 Mさん&Nちゃん(2才10カ月)
きっかけはシャワー克服のため。平日は私、土曜はパパがいっしょだから、夫婦で成長が見えるのがいいです。
◆7カ月から始めて1カ月 Kさん&Iくん(8カ月)
親子のスキンシップ目的で始めたばかり。私もリフレッシュでき、お互いのストレス解消ができている気がします。

私たちは6カ月から開始! スイミングを続けています!

◆おふろタイムがラクに! 親子とも満たされています
羊水の中にいた記憶があるうちに、と6カ月から開始。シャワーに抵抗がなくなり、お風呂タイムがラクチンに。スキンシップもとれ、ママも満たされています。Hさん&Yくん(1才5カ月)
◆男の子なので、早く始めて運動神経アップを期待!
運動神経は遺伝ではなく、早期のバランス感覚でつちかわれると聞いて、生後半年でスタート。休日はパパも参加し、父子のコミュニケーションに!Iさん&Kくん(1才9カ月)
◆かぜをほとんどひかず、体力向上に役立っています。
冷たい水に入ることで自律神経が鍛えられてかぜをひきにくくなるそうで、これまで熱が出たことがありません。体力もついてきたように思います。Nさん&Sくん(1才8カ月)



関連記事 もっと見る

協力/セントラルウェルネスクラブ葛西店
セントラルスポーツ https://www.central.co.jp/

出典 :Baby-mo 2017年春夏号※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ