出産のイメトレ万全でスーパー安産だったママの出産振り返りドキュメント

コラム 公開日:2017/04/01
出産のイメトレ万全でスーパー安産だったママの出産振り返りドキュメント

1人目の出産ながら助産院でのバイト経験を生かしたイメトレで、自他ともに「超安産!」と胸を張るお産をした先輩ママ。妊娠中の過ごし方から当日までを時系列で振り返りました。超ポジティブに出産を迎える気持ちの持ち方も参考にしてみて!

助産師のバイト経験でイメトレはカンペキ! 痛み、ウエルカムでした

もともとお産に興味があり、看護学校時代に助産院でアルバイト。結婚前からプレモを愛読していました。その経験から「必ず産めるようにできている」と思い、陣痛がきたら「うまく進んでいる証拠」と前向きに思えました。

<Yさん&Yちゃんの出産データ>
出産年齢 27才
自然分娩
分娩時間 9時間24分
出生体重 3494g
ママの身長 151cm
ママの出産前の体重 59.3kg(妊娠前から+12.8kg)

マタニティ期にしていたこと

安定期以降は毎日ストレッチ


股関節を伸ばすストレッチは毎日継続。臨月が夏だったので、ウオーキングは外ではなくショッピングモールなどで。1日1万歩を目標にしていました。

体重管理は楽しく


甘いものは手作りの寒天フルーツにし、スタバは健診後だけのごほうびに♪ そうめんなど炭水化物は夫の半量にするなど、無理をせずに糖質制限していました。

マタ友と情報交換

もともとの友人が、同時期にプレママに。6人集まってのベビーシャワーで情報交換し、「出産がんばろう」と励ましあいました。

いざ出産!

出産当日10:30 お産の始まりは破水から

予定日8日前、自宅で座っていたら、おまたにジワ~としたものが広がり、立ち上がったらジャバー! 「お母さん、破水かもー」 と、いっしょにいた母に報告し、あわてることなく入院準備をしました。

11:10 妊活中の友だちに赤富士を描いておく

子宮口2cmと診断。張りと軽い痛みがあったので、陣痛を待つことに。12時半から10分間隔になってカウントがスタート。「今のうちに」と妊活中の友だちに縁起が良いという赤富士の絵を描きました。

15:00 陣痛中、持参したおにぎりでエネルギーチャージ

おなかがすき、持参のおにぎりをパクリ。陣痛は7分間隔になり、内診グリグリをされましたが、意外と痛みはなし。助産師さんから「破水して卵膜はがれた人は痛くないのよ」と説明されました。


お産が進むとうわさのオロナミンCを持参し、夕食後にゴクリ。早く進んだのはこのおかげ!?

18:50 いきみ逃しは片手で肛門、片手で腰。夫のサポートが神でした

夫が到着したころ、痛みが増強。助産師さんにアロママッサージされ「え! 今?」と思いましたが、腰の痛みがやわらぎました。夫には肛門をテニスボールで押さえてもらい、片手で腰さすり。これが最強によかったです。

21:15 分娩台へ。大声で叫びながら、子宮口は全開に!

「いたーい!」と騒いでいたら、助産師さんから「声を出しているほうが息が吸えていいのよ」との励まし。分娩台へ上がり、酸素マスクを装着。「ズルンと出てきて!」。これは心の中で叫びました。

21:51 鏡越しに頭が見えて娘が力をくれました! 出産!


「しっかり吸って吐いてを2回、それで息止めて。目は開いて!」と助産師さん。この人たちの言うとおりにすれば早く終わると思い、いきむこと4~5回。「頭出てきた。見る?」と言われて鏡越しに見せてもらうとやる気がみなぎり、さらにいきむ。会陰切開をへて、ドゥルゥウーン!と生まれました。

産後 麻酔のおかげで会陰切開は痛みなし


会陰切開は麻酔のおかげで切った瞬間も痛みはなく、術後の縫合も余裕。ピースで写真撮影もできました。生まれた瞬間思ったのは「3人家族になった!」ということ。夫に立ち会ってもらい、本当によかったです。決してラクじゃないけれど、神秘的ですてきなお産体験でした!

出典 :Pre-mo(プレモ) 2017年春号※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ