【妊娠10週3日/予定日まで207日】妊娠初期のママの血圧は低くなっています

【妊娠10週3日/予定日まで207日】妊娠初期のママの血圧は低くなっています

連載 2人で読む 【妊娠初期】 安心マタニティ

まだまだ小さい赤ちゃんですが、心臓はポンプの役割を果たせるほどしっかりとでき上がってきています。一方ママはホルモンの変化によって血管が広がり、血圧が下がります。妊娠すると血圧が高くなるイメージがありますが、これは妊娠中期の終わりごろからの話です。


【赤ちゃん】心臓は力強く脈打っています

心臓の働きは、日々強くなります。心臓自体も、4つの部屋(右心房、右心室、左心房、左心室)にしっかり分かれ、全身に血液を送るポンプとしての役割をしっかりこなし始めています。心拍はもうはっきりと確認されて、ここまできたら、流産の心配もぐっとへってきます。

【ママ】妊娠すると血圧は下がり、中期の終わりごろからは上がり始めます

ママの心臓も、動き方が妊娠前とは違っています。妊娠するとなんとなく高血圧になるイメージがあるかもしれませんが、実は初期から中期にかけては血圧は低くなります。これは女性ホルモンの変化により、エストロゲンの働きで血管が広がるため、血圧は下がるのです。だんだん血液量はふえていき、妊娠中期の終わりごろからは、血圧は上がり始めます。

【ドクターより】あなたは出生前診断を受けますか?

出生前診断でわかるのは、染色体異常による障害だけです。妊娠中期に超音波検査でわかる障害もあります。出産直後にわかるもの、何週間もたってから知る障害もあります。2~3才なってから、あるいは就学前にわかるものもあります。生まれもった障害がなくても、事故や病気でハンディキャップを背負う可能性も否定できません。それでも出生前診断を受けますか?


監修
鮫島浩二先生
産婦人科医
東京医科大学卒業後、東京警察病院、木野産婦人科医院などをへて、2006年さめじまボンディングクリニック開院。妊婦さん自身が主体になるお産を実践。また、母と子、父と子、そして妊婦さんどうしの絆づくりを支援する日々。ベストセラー『わたしがあなたを選びました』著者。3男の父。 (*)リーブ法の母親学級:さめじまボンディングクリニックで実施される、現代の日本の妊婦さんに向けたリラックス出産法。
さめじまボンディングクリニック

出典 :First Pre-mo、安心マタニティ280DAYS※情報は掲載時のものです

この連載について

2人で読む 【妊娠初期】 安心マタニティ

「もしかしたら妊娠?」と思ったときから初期妊婦さんは不安なことだらけ。妊娠初期90日の週ごと&日ごとのアドバイスを読んでいくことで、そのときの赤ちゃんの様子、ママの生活上の注意点などが少しずつ理解でき、赤ちゃんの成長を実感できます。35年以上にわたって妊婦さんと赤ちゃんを見守ってきた産婦人科ドクターによる温かくて信頼できるアドバイス!

最新の記事

【妊娠15週6日/予定日まで169日】明日から安定期に入ります

【妊娠15週5日/予定日まで170日】足のつけ根をストレッチしましょう!

【妊娠15週4日/予定日まで171日】歩き方を変えるだけで運動量がアップ!

クリップ

あなたにおすすめ