【妊娠8週6日/予定日まで218日】赤ちゃんは手足をパタパタ動かしています

【妊娠8週6日/予定日まで218日】赤ちゃんは手足をパタパタ動かしています

連載 2人で読む 【妊娠初期】 安心マタニティ

つわりは自分だけの体質や遺伝ではなく、ママと赤ちゃんの組み合わせによって起こるもの。だから同じきょうだいでも第一子、第二子では一人ひとり違います。今回はそんなつわりの症状にまつわることもご紹介します。


【赤ちゃん】自分の意思で手足が動かせるようになるまでもう少し

脳と神経の成長もめまぐるしいスピードで続いています。まだ反射的な動きばかりですが、手足がパタパタと動くようになってきます。体の形ができ上がり、そこに神経もつながってきたということのあらわれです。自分の意思で動かせるようになるのはもう少しあとですが、体を動かすことは、もう始まっています。

【ママ】つわりはママと赤ちゃんの組み合わせによって起こります

妊娠してから、ママ自身がお母さん(おなかの赤ちゃんのおばあちゃんです)のおなかにいたとき、どうだったかという話を聞くことがあるでしょう。そんなとき、「つわりがきつかった」と言われると、自分のつわりがきつい場合は遺伝なのかも、と思われるかもしれません。でも、つわりの状態は遺伝しません。きょうだいができたら、一人ひとり、つわりの状態も違います。自分だけの体質ではなく、ママと赤ちゃんの組み合わせによって起こるのがつわりなのです。あまり考えすぎないで、おおらかに受け止めましょう。つわりの話だけではなく、お母さんが妊娠中どう過ごしていたかも聞いてみると、新たな発見がたくさんあるかもしれませんよ。

気圧の変化が体調に影響するってホント!?

気圧の変化が体調に影響するのは本当のことです。台風が近づいたり、急に天気が悪くなるようなとき、いつもよりつわりがひどくなることがあります。これは気圧が低くなると血管が収縮するから。血管が細くなるということは全身の血行が悪くなって体が冷えます。つわりの時期だけでなく、妊娠期間を通して、気圧の変化には敏感になる人もいます。


この連載について

「もしかしたら妊娠?」と思ったときから初期妊婦さんは不安なことだらけ。妊娠初期90日の週ごと&日ごとのアドバイスを読んでいくことで、そのときの赤ちゃんの様子、ママの生活上の注意点などが少しずつ理解でき、赤ちゃんの成長を実感できます。35年以上にわたって妊婦さんと赤ちゃんを見守ってきた産婦人科ドクターによる温かくて信頼できるアドバイス!

最新の記事

【妊娠15週6日/予定日まで169日】明日から安定期に入ります

【妊娠15週5日/予定日まで170日】足のつけ根をストレッチしましょう!

【妊娠15週4日/予定日まで171日】歩き方を変えるだけで運動量がアップ!

監修
鮫島浩二先生
産婦人科医
東京医科大学卒業後、東京警察病院、木野産婦人科医院などをへて、2006年さめじまボンディングクリニック開院。妊婦さん自身が主体になるお産を実践。また、母と子、父と子、そして妊婦さんどうしの絆づくりを支援する日々。ベストセラー『わたしがあなたを選びました』著者。3男の父。 (*)リーブ法の母親学級:さめじまボンディングクリニックで実施される、現代の日本の妊婦さんに向けたリラックス出産法。
さめじまボンディングクリニック

出典 :First Pre-mo、安心マタニティ280DAYS※情報は掲載時のものです

クリップ

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
抽選で二名様に当たる!エルゴベビー「ベビーキャリア ADAPT(アダプト)」プレゼント 9月30日まで 詳細はこちら
注目コラム