野菜をパクパク食べられる! 定番メニューにプラスしたい3ステップ離乳食【生後9~11カ月ごろ・カミカミ期編】

 専門家監修 公開日:2017/03/06
野菜をパクパク食べられる! 定番メニューにプラスしたい3ステップ離乳食【生後9~11カ月ごろ・カミカミ期編】
監修
上田淳子先生
料理研究家

粉チーズや牛乳などの乳製品のほか、赤身肉や貝類など、使える食材がグンと増えるカミカミ期(生後9~11カ月ごろ)。ベビーの成長に必要なタンパク質を豊富に含む食材と旬の野菜を取り入れた、食べごたえたっぷりの離乳食をご紹介します。バナナを指でつぶした感触を目安に、チャレンジしてください!

かきと大根のうま煮


◆材料◆

かき……1粒
大根……30g (2㎝角3個)

◆作り方◆

1 かきはかたくり粉(小さじ1)と水(小さじ1/2)をからめ、かたくり粉が灰色になったら水で洗い流して水けをふき、あらく刻む
2 大根は厚めに切り、やわらかくゆで、あら熱がとれたらフォークであらく刻む。
3 小鍋に1、2を入れ、かぶる程度の水を加えて中火にかけ、沸騰したら弱火にし、約2分煮る。

※かきはカミカミ期から食べられますが、黒い部分(写真右)は火を通すとかたくなるので、丸くふくらんだやわらかい部分(写真左)を使いましょう。

 牛肉とにんじんのいため物

◆材料◆

牛赤身肉……15g
にんじん……30g(中1/5本)
植物油……少々

◆作り方◆

1 牛肉は短めの細切りにする。
2 にんじんは皮をむき、すりおろす。
3 フライパンを弱めの中火にかけ、植物油を引き、あたたまったら1、2を入れて火が通るまでいためる。(パサつくようなら小さじ1程度の水を加え、しっとり仕上げる)

※にんじんはかたいので、おろし金を使ってすりおろすと調理しやすく、赤ちゃんも食べやすくなります。

ほうれんそうの粉チーズおやき


◆材料◆

ほうれんそう……20g(2/3株)
粉チーズ……小さじ1
小麦粉……大さじ2
軟飯……大さじ5
植物油……少々
※軟飯は、米1:水3またはごはん1:水2~3の割合で炊いたものです。

◆作り方◆

1 ほうれんそうはやわらかくゆでて、こまかく刻む。
2 ボウルに1、粉チーズ、小麦粉、軟飯を入れ、水(小さじ1)を加えてまぜる。
3 フライパンを中火にかけ、植物油を引き、2を平らに広げて両面をこんがり焼き、食べやすい大きさに切る。
※粉チーズはひとふりでタンパク質源になり、味にもコクが出ます。

出典 :Baby-mo(ベビモ) 2017年01月冬春号※情報は掲載時のものです

監修
上田淳子先生
料理研究家
国内外のレストランで修行後、雑誌や書籍、テレビなどで活躍中。旬の食材を使った料理を紹介するウェブサイトも人気です。
http://juncook.com/

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
抽選で二名様に当たる!エルゴベビー「ベビーキャリア ADAPT(アダプト)」プレゼント 9月30日まで 詳細はこちら
注目コラム