耳の中が乾燥していて、耳掃除したら血が!(生後3カ月)

 専門家監修
公開日:2017/02/20
更新日:2017/02/21
耳の中が乾燥していて、耳掃除したら血が!(生後3カ月)
監修
渡辺とよ子先生
わたなべ医院 院長

低月齢の赤ちゃんは1日1日大きくなっているな、と感じるほどの成長ぶり。ママにとってはうれしい反面、小さな変化を不安に感じてしまうことも。育児雑誌『Baby-mo』に登場した低月齢ベビーのママのお悩みをQ&A方式で小児科医・渡辺とよこ先生にご回答いただきました。

Q 耳の中が乾燥していて綿棒で掃除すると血が!

A 乾燥がひどいときはワセリンをつけてあげて
耳の穴の入口付近の皮膚は、顔と同じ性質。カサカサしている子やベタついている子もいます。耳掃除は、汚れがやわらかくなっているお風呂上がりがおすすめ。また乾燥が気になるときは、綿棒にワセリンをつけて塗ってあげるのもいいですね、血が出るのは、おそらく以前に傷をつくってしまったためだと思います。傷が炎症を起こして治りにくい場合は、小児科や耳鼻科で薬を処方してもらって。受診すれば傷のある場所もすぐにわかりますよ。


Rちゃん(生後3カ月)
(身長56.0cm 体重6200g)

「ここ1カ月でだいぶ首がしっかりし、ソファにもたれかかれるようになりました。家族の顔を見るととびきりの笑顔になるので、とてもかわいいです。2人目育児で余裕があるせいか、赤ちゃん言葉で話しかけるなど低月齢赤ちゃんの子育てをめいっぱい楽しんでいます。生後2カ月のときに発熱し、X線や採血など検査づけで心配しましたが、今は回復して元気に過ごしていてホッとしています」(ママ)

監修
渡辺とよ子先生
わたなべ医院 院長
札幌医科大学医学部卒業。都立築地産院新生児科部長、都立墨東病院新生児科部長、同病院副院長をへて、2014年に医療法人社団わたなべ医院に赴任。2016年よりわたなべ医院本院院長。日本麻酔科学会専門医、日本周産期新生児学会功労会員、日本新生児生育医学会功労会員、日本周産期新生児医学会周産期新生児専門医元指導医。多くの乳幼児をみてきた経験による、的確で親切な助言が好評。これまで『母乳育児 ミルク育児の不安がなくなる本』(主婦の友社)など監修に携わった育児本多数。


医療法人社団わたなべ医院

あなたにおすすめ

注目コラム