【妊娠6週6日/予定日まで232日】赤ちゃんの体は今1cmくらいです

【妊娠6週6日/予定日まで232日】赤ちゃんの体は今1cmくらいです

連載 2人で読む 【妊娠初期】 安心マタニティ

目に見えない存在だった赤ちゃんが、約1cmにまで成長しました。ママが自分自身の体調をコントロールできないほどの、強いエネルギーをもっておなかの中で育とうとしています。そんな妊娠6週6日の赤ちゃんとママの様子を見ていきましょう。


【赤ちゃん】まだ赤ちゃんの脳は魚と似たような単純な構造

神経管はさらに進化していきます。形を変え、膜が厚くなり、やがて脳の元ができていきます。また、さらに細胞分裂を続けて、神経細胞となっていきます。まだこのころは、魚の脳と似たようなごく単純な構造です。

【ママ】今は赤ちゃんのいる生活を受け入れていくための準備期間

妊娠がわかってからというもの、毎日幸せな気持ちで過ごす人も多いことでしょう。ですがなかには、気持ちが不安定になったり、つわりが苦しかったりで「こんなはずじゃなかった」と思っている人もいるかもしれませんね。まだ約1㎝の小さな小さな赤ちゃんなのに、ママが自分自身の体調をコントロールできないほどの、強いエネルギーをもっているのです。このことは、それだけ赤ちゃんがものすごく強い意志をもって、おなかの中で育とうとしているから、とも言い換えられます。これからの日々、出産はもちろん、産後まで、自分が思っていたようにことが運ばないこともふえるでしょう。すでにそれを実感しているかもしれません。こうして、赤ちゃんのいる生活を受け入れていくための準備期間でもあるのが妊娠生活であり、とくにこの妊娠初期なのです。

【ドクターより】妊娠おめでとう! 人生を得た赤ちゃんおめでとう!

超音波検査で小さな心臓が動いている様子を見ることができたころだと思います。この命は、小さな小さな奇跡がいくつも重なり合わなければ授からなかったものです。あなたとご主人が出会い、愛し合い、何十万個の卵子の中でたった1つ選ばれた卵と、何億もの精子の中のたった1つの精子が、実にタイミングよく出会って生まれた奇跡の命です。心拍を確認できたこの瞬間を、「人生のスタート」と私はとらえています。妊娠おめでとう。そして、人生を得た赤ちゃん、心からおめでとう。


監修
鮫島浩二先生
産婦人科医
東京医科大学卒業後、東京警察病院、木野産婦人科医院などをへて、2006年さめじまボンディングクリニック開院。妊婦さん自身が主体になるお産を実践。また、母と子、父と子、そして妊婦さんどうしの絆づくりを支援する日々。ベストセラー『わたしがあなたを選びました』著者。3男の父。 (*)リーブ法の母親学級:さめじまボンディングクリニックで実施される、現代の日本の妊婦さんに向けたリラックス出産法。
さめじまボンディングクリニック

出典 :First Pre-mo、安心マタニティ280DAYS※情報は掲載時のものです

この連載について

2人で読む 【妊娠初期】 安心マタニティ

「もしかしたら妊娠?」と思ったときから初期妊婦さんは不安なことだらけ。妊娠初期90日の週ごと&日ごとのアドバイスを読んでいくことで、そのときの赤ちゃんの様子、ママの生活上の注意点などが少しずつ理解でき、赤ちゃんの成長を実感できます。35年以上にわたって妊婦さんと赤ちゃんを見守ってきた産婦人科ドクターによる温かくて信頼できるアドバイス!

最新の記事

【妊娠15週6日/予定日まで169日】明日から安定期に入ります

【妊娠15週5日/予定日まで170日】足のつけ根をストレッチしましょう!

【妊娠15週4日/予定日まで171日】歩き方を変えるだけで運動量がアップ!

クリップ

あなたにおすすめ