【妊娠6週3日/予定日まで235日】赤ちゃんは頭でっかちの2頭身になりました

【妊娠6週3日/予定日まで235日】赤ちゃんは頭でっかちの2頭身になりました

連載 2人で読む 【妊娠初期】 安心マタニティ

6週目に入り、そろそろ産婦人科を受診したり、受診の予約をしたころでしょうか。超音波検査では、赤ちゃんの小さな小さな心臓が動いている様子を見ることができるはずです。もし可能なら、この感動はご主人といっしょに。これから2人で育てていく命を確認してください。そんな妊娠6週3日の赤ちゃんとママの様子をご紹介します。


【赤ちゃん】脳からの命令で、これから内臓がつくられていきます

ようやく、頭部と体の境目が形のうえでもはっきりしてきました。体よりも、頭部にある脳や神経細胞から先に発達するため頭が大きく、今は2頭身のバランス。ものすごく頭でっかちです。脳が、首から下の体の部分にこれから命令を出し、全身の循環機能、消化機能をもつ内臓をつくり上げていきます。脳と神経細胞がとても大事であることはこのころの体のバランスにもあらわれています。まだ手足はありません。

【ママ】妊娠初期の超音波検査は経膣プローブです

このころの超音波検査は、経腟プローブを使って診ていますね。ちょっと苦手、と思う人もいるかもしれません。妊娠中期になると、経腹プローブといって、おなかの表面からあてるプローブで赤ちゃんの様子を診られるようになります。まだ今は、赤ちゃんの大きさに対して、赤ちゃんに超音波が到達するまでのママの皮膚、筋肉、皮下脂肪、ほかの内臓、子宮筋層など、障壁が多すぎてよく見えません。そのため、できるだけ赤ちゃんに近づける経腟プローブを使います。

【ドクターより】心拍確認はぜひご主人といっしょに

超音波検査をすれば、小さな胎嚢(たいのう)の中でもっと小さな心臓が動いている様子を見ることができるでしょう。これこそが、あなたを選び、あなたのおなかに宿ってくれた小さな命です。1つの人生の始まりです。この感動は、ぜひともご主人といっしょに味わってください。2人で受け入れ、2人で育てていく命なのですから。


この連載について

「もしかしたら妊娠?」と思ったときから初期妊婦さんは不安なことだらけ。妊娠初期90日の週ごと&日ごとのアドバイスを読んでいくことで、そのときの赤ちゃんの様子、ママの生活上の注意点などが少しずつ理解でき、赤ちゃんの成長を実感できます。35年以上にわたって妊婦さんと赤ちゃんを見守ってきた産婦人科ドクターによる温かくて信頼できるアドバイス!

最新の記事

【妊娠15週6日/予定日まで169日】明日から安定期に入ります

【妊娠15週5日/予定日まで170日】足のつけ根をストレッチしましょう!

【妊娠15週4日/予定日まで171日】歩き方を変えるだけで運動量がアップ!

監修
鮫島浩二先生
産婦人科医
東京医科大学卒業後、東京警察病院、木野産婦人科医院などをへて、2006年さめじまボンディングクリニック開院。妊婦さん自身が主体になるお産を実践。また、母と子、父と子、そして妊婦さんどうしの絆づくりを支援する日々。ベストセラー『わたしがあなたを選びました』著者。3男の父。 (*)リーブ法の母親学級:さめじまボンディングクリニックで実施される、現代の日本の妊婦さんに向けたリラックス出産法。
さめじまボンディングクリニック

出典 :First Pre-mo、安心マタニティ280DAYS※情報は掲載時のものです

クリップ

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
抽選で二名様に当たる!エルゴベビー「ベビーキャリア ADAPT(アダプト)」プレゼント 9月30日まで 詳細はこちら
注目コラム