2人で読む 【妊娠初期】 安心マタニティ

連載  2017年02月01日 全84回

【妊娠6週0日/予定日まで238日】下腹部や足のつけ根に痛みを感じることも。座ったり横になってやり過ごして

いよいよ6週目に入りました。早く妊娠していることを確認したくてうずうずしていたママやパパも多いのではないでしょうか。産婦人科を受診して子宮内に胎嚢(たいのう)ができているか検査をしましょう。ママの子宮はどんどん大きくなっています。痛みを感じることがあれば、ラクな姿勢で過ごしましょう。そんな妊娠6週0日の赤ちゃんとママの様子をご紹介します。


【赤ちゃん】心臓の隔壁ができ始めます

2カ月も半ばを過ぎました。ようやく心臓の隔壁ができ始めます。ついこの間、心臓の元となる部分ができたばかりなのに、すごいですね。でも、それだけ急がないと、体の成長を維持し続けることができないからでもあります。そのことをママが少しでもわかってくれて、タバコやお酒、レントゲンや薬といったものを避けてくれることが、今、赤ちゃんがママにしてほしいことなのです。

【ママ】子宮はどんどん大きくなっています

おなかのふくらみはまだありませんが、子宮そのものは急ピッチで膨張をしています。赤ちゃんの体積で大きくなっているというよりも、充血してふくらんでいるような感じです。そのときに、下腹部や足のつけ根あたりがつれるような痛みを感じることがあるかもしれません。子宮を支える円靭帯という筋が、急速にふくらむ子宮を支えるためにつっぱることで、痛みを感じることがあります。赤ちゃんには直接影響はありませんが、立っている姿勢だとよけいにつっぱって痛いので、できれば横になって。横になれない状況だったらせめて腰かけて、やり過ごしましょう。こんな痛みがないからといって、子宮が順調にふくらんでいない、というわけではありません。とても個人差のある症状です。

【ドクターより】産婦人科を受診しましょう

6週目に入ったら産婦人科を受診しましょう。「月経が遅れている」「妊娠検査薬で陽性反応が出た」というだけでは、妊娠の確定にはなりません。産婦人科で子宮内に胎嚢ができているかを検査する必要があるのです。


監修
鮫島浩二先生/産婦人科医。東京医科大学卒業後、東京警察病院、木野産婦人科医院などをへて、2006年さめじまボンディングクリニック開院。妊婦さん自身が主体になるお産を実践。また、母と子、父と子、そして妊婦さんどうしの絆づくりを支援する日々。ベストセラー『わたしがあなたを選びました』著者。3男の父。

出典 :First Pre-mo、安心マタニティ280DAYS※情報は掲載時のものです

この連載について

2人で読む 【妊娠初期】 安心マタニティ

編集部おすすめ