【妊娠5週5日/予定日まで240日】水も飲めないようなつわりなら、ガマンせず主治医に相談を!

【妊娠5週5日/予定日まで240日】水も飲めないようなつわりなら、ガマンせず主治医に相談を!

連載 2人で読む 【妊娠初期】 安心マタニティ

おなかの中でどんどん大きくなっている赤ちゃん。つわりの症状が出始めているママも多いのではないでしょうか。水も飲めず脱水症になると重度の悪阻(おそ)として病気の扱いになります。早めに主治医に相談しましょう。そんな妊娠5週5日の赤ちゃんとママの様子をご紹介します。


【赤ちゃん】これからだんだんとタツノオトシゴのような姿に

神経管のわきから、心臓の元となるふくらみができ始めました。体は細長くなりつつあります。また、神経網はどんどん発達して、それと同時に、心臓のあたり、体の中心に見えるあたりがふくらみ始めました。だんだんとタツノオトシゴのような姿になっていきます。

【ママ】水も飲めなくなりそうだったら、早めに主治医に相談しましょう

つわりは命に別状はない、とお伝えしましたが、まったく水も飲めず、飲んでもすぐに吐いてしまうようだと深刻で、命にも関わってくる症状となります。食事は数日とれなかったとしても、もともとママの体に蓄えられた脂肪分などをエネルギーにかえてなんとか乗り切ることはできるでしょう。でも、水分はそういうわけにはいきません。水も飲めないという状態になりそうだったら、早めに主治医に相談しましょう。点滴を受けることもできるし、吐きけを抑えるための、赤ちゃんには影響のない薬を処方してもらえることもあります。体重も妊娠前より4㎏以上へってしまう場合は、状態によっては入院ということもあります。おなかの赤ちゃんが元気な証拠のつわりとはいえ、ママの体が元気であってこその赤ちゃんです。ガマンしすぎないことも大事です。

【ドクターより】産婦人科に行くのは6週まで待ってもいいかも

妊娠5~6週になると胎嚢(たいのう・赤ちゃんが入っている小さな袋)が確認できるようになります。でも、5週ならまだ見えないこともあるし、心臓の動き(心拍)も確認できません。産婦人科に行くのは6週まで待っていいと私は思います。


この連載について

「もしかしたら妊娠?」と思ったときから初期妊婦さんは不安なことだらけ。妊娠初期90日の週ごと&日ごとのアドバイスを読んでいくことで、そのときの赤ちゃんの様子、ママの生活上の注意点などが少しずつ理解でき、赤ちゃんの成長を実感できます。35年以上にわたって妊婦さんと赤ちゃんを見守ってきた産婦人科ドクターによる温かくて信頼できるアドバイス!

最新の記事

【妊娠15週6日/予定日まで169日】明日から安定期に入ります

【妊娠15週5日/予定日まで170日】足のつけ根をストレッチしましょう!

【妊娠15週4日/予定日まで171日】歩き方を変えるだけで運動量がアップ!

監修
鮫島浩二先生
産婦人科医
東京医科大学卒業後、東京警察病院、木野産婦人科医院などをへて、2006年さめじまボンディングクリニック開院。妊婦さん自身が主体になるお産を実践。また、母と子、父と子、そして妊婦さんどうしの絆づくりを支援する日々。ベストセラー『わたしがあなたを選びました』著者。3男の父。 (*)リーブ法の母親学級:さめじまボンディングクリニックで実施される、現代の日本の妊婦さんに向けたリラックス出産法。
さめじまボンディングクリニック

出典 :First Pre-mo、安心マタニティ280DAYS※情報は掲載時のものです

クリップ

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
抽選で二名様に当たる!エルゴベビー「ベビーキャリア ADAPT(アダプト)」プレゼント 9月30日まで 詳細はこちら
注目コラム