肌荒れ、止まらない食欲、腰痛……悩みがつきない妊娠6カ月(20~23週)のマタニティライフ

 専門家監修
公開日:2017/02/10
更新日:2017/02/12
肌荒れ、止まらない食欲、腰痛……悩みがつきない妊娠6カ月(20~23週)のマタニティライフ
監修
天神尚子先生
三鷹レディースクリニック 院長

妊娠初期にはひどい肌荒れに悩まされ、現在は食欲と腰痛が悩みの種な妊婦さんのマタニティライフをご紹介。スキンケアや運動で毎日のセルフケアに励んでいるそう。今後もっとひどくなるのではと不安な腰痛対策には、ドクターがアドバイスします!

妊娠初期はひどい肌荒れ……。今は止まらない食欲と格闘中です

結婚式の後、人気のマラソン大会に応募・当選したのですが、思いがけず妊娠が発覚。マラソン用に買ったウエアとスニーカーでウォーキングをして、体重管理をしています。初期はつわりはまったくなかったのですが、ひどい肌荒れに。産院で処方してもらった漢方を飲んだら、かなりよくなりました。最近は食欲が止まりません。1食でご飯を1合近く食べてしまうほど。ひじきなど和食中心を心がけ、お菓子は週1回にするなど工夫していますが、これから後期になるにつれて体重が増えすぎないか心配です。(Aさん/妊娠23週・27才)

●Aさん(身長162cm)の体重の推移とカラダの変化
mak2017021011

エンジェリーベのマタニティパンツが便利で2本購入

おなかを締め付けずにぴったりフィットする生地なのでキレイなラインで着られます。ウエスト部分のアジャスターが調節できて、臨月まで使える作り。黒とデニムの2本購入しました。

mak2017021001臨月まで使える♪

かぎ針編みで赤ちゃんの帽子づくり

仕事をやめて日中時間があるので、かぎ針編みに挑戦。まだ初心者ですが、これから赤ちゃんの帽子やレッグウォーマーを作る予定。おなかの子は女の子なので、オシャレさせたいな。

mak2017021003コースターと主人のマフラーを試作。カラフルな毛糸を買ってきて色の配色を考えるだけでワクワクします。

腰痛が悪化してきました。ヨガとベルトで対策中

mak2017021009腰痛がひどくなってきて、寝ている状態から起き上がるのがつらい……。腰痛防止のヨガととこちゃんベルトで対策中。これからもっとおなかが大きくなるので、目下の心配事です。

mak2017021002とこちゃんベルトは巻いていると重いおなかが支えられて安心感があります。

ウォーキングで体重管理。1日40分が目標!

mak2017021010体重管理のために、1日40分ウォーキングをするようにしています。マラソン大会に出るはずだったお気に入りのスニーカーをはいて。産院まで徒歩40分。健診も片道は歩いて行きます。

アプリ「妊娠なう」で夫と妊娠情報を共有してます

週数ごとの赤ちゃんの状態や身体の変化がわかるのでいつも読んでいます。パパモードというパパのためのページもあるので、主人もダウンロードして読んでいます。

ノンカフェインのおいしい飲み物を探すのがマイブーム

ママがリラックスすることもおなかの赤ちゃんに大事と聞いて、ノンカフェインのおいしい飲み物を探し中。お出かけのときはタリーズでコーヒーを買うのが楽しみ。デカフェでカフェラテも作ってくれるんですよ♪

mak2017021006ぜ~んぶノンカフェインです
mak2017021008夜はアロマでリラックス。グレープフルーツの精油はストレスがスーッと消えていく感じ!

妊娠線予防、肌と頭皮を徹底的にケア

美妊婦を目指して試行錯誤中。妊娠線予防のクリーム、肌荒れ防止用の漢方などでケア。タマリスのクレンジングソーダ(頭皮用)は、頭皮がスッキリして髪にいい気がします。

mak2017021005産院で処方された当帰芍薬散料という漢方が肌荒れに効きました

mak2017021004サボンやママ&キッズなどその日の気分でおなかに塗っています

mak2017021007産後は髪が抜けると聞いたので今から頭皮ケア

先生、教えて! 今から腰が痛く、今後が不安……

Q.腰が痛く、日中はトコちゃんベルトを愛用中。今後、さらに痛くならないか不安です。

A. マッサージをしたり、腰を温めて痛みを緩和して

太り過ぎの場合もありますが、ほとんどの場合はおなかが重くなり、重心が前にいき、脊柱が反ってしまうことで、腰まわりの筋肉に負担がかかるケースが考えられます。極力、背筋をまっすぐ保つように意識する、腰を温める、マッサージをするなどして、負担を軽減させましょう。トコちゃんベルトもGOOD。

出典 :Pre-mo(プレモ) 2017年春号※情報は掲載時のものです

監修
天神尚子先生
三鷹レディースクリニック 院長
日本医科大学付属病院、同大学産婦人科を経て、2004年に現クリニックを開院。年齢によって異なる女性のライフステージを考慮した治療を行っています。2人の子育てをした経験からくるアドバイスは頼りになると評判です。

あなたにおすすめ

注目コラム