【妊娠4週2日/予定日まで250日】受精卵がどんどん分割、猛スピードで体の基盤ができ上がる時期

【妊娠4週2日/予定日まで250日】受精卵がどんどん分割、猛スピードで体の基盤ができ上がる時期

連載 2人で読む 【妊娠初期】 安心マタニティ

経験豊富な産婦人科医 鮫島先生がママとパパへ贈る、日ごとの赤ちゃんとママの様子やアドバイス。今回は、妊娠2カ月(4週2日)です。まだ妊娠に気づいていない人も多いこの時期、検査薬の陽性反応だけでは妊娠した実感が持てていないかもしれませんね。しかし、おなかの赤ちゃんはぐんぐん成長しています。無理をせず、十分な睡眠と休息をとりましょう。


【赤ちゃん】「胎芽」と呼ばれる存在に

受精卵ができてから16日目。1つの卵から「胎芽(たいが)」と呼ばれる存在になりました。「胚子」とも呼ばれます。外胚葉、内胚葉ができ、中胚葉ができたところです。まだ1mm以下の、目に見えないほどの大きさですが、刻一刻と、大きく体が変化していきます。ここに至るまでにもたくさんのドラマがありましたが、ここから猛スピードで体の基礎ができ上がっていきます。

【ママ】受精卵は奇跡の1個!

妊娠は、ママの卵巣に何万個もあった卵胞細胞のなかから、いくつかの卵子の元が育ち、そのうちの1つか2つくらいが排卵されて、パパの精子と出会うことから始まります。卵子の元・原子卵胞ははじめ約700万個あります。それが初経までにも淘汰され、さらに排卵が始まってからも、毎月30個くらい育つうちの1個か2個だけが成熟して排卵されます。ママの一生のうち、排卵されたうちのほんの数個、もしくは1個だけが精子と出会うことに成功して、ようやく「受精卵」となります。ものすごい確率だと思いませんか? 奇跡の1個であり、さらにその受精卵は、誰に教えられたわけでもなく、どんどん分割して、刻々と体の元を築いているのが、まさに今のこの時期なのです。妊娠に気づいていない人も多いこの時期に、そんな奇跡が、体のなかで、まだ小さな子宮のなかで起こっています。

ママがこれからすること

●葉酸をしっかりとる
葉酸は、おなかの赤ちゃんの脊髄や脳神経の形成に大きく関係するビタミンです。妊娠初期にとくに必要な栄養素ですが、妊娠中を通して大事な栄養素。

●無理をしない
おなかで赤ちゃんを育てるということは、ママの体にかなりの負担がかかること。疲れやだるさを感じたら、すぐに休んで、無理はしないこと。

●体をあたためる
ママの血液が、おなかの赤ちゃんを育てます。血流がよくなるために大事なのは、体を冷やさないこと。体を適度に動かすのも効果的です。


監修
鮫島浩二先生
産婦人科医
東京医科大学卒業後、東京警察病院、木野産婦人科医院などをへて、2006年さめじまボンディングクリニック開院。妊婦さん自身が主体になるお産を実践。また、母と子、父と子、そして妊婦さんどうしの絆づくりを支援する日々。ベストセラー『わたしがあなたを選びました』著者。3男の父。 (*)リーブ法の母親学級:さめじまボンディングクリニックで実施される、現代の日本の妊婦さんに向けたリラックス出産法。
さめじまボンディングクリニック

出典 :First Pre-mo、安心マタニティ280DAYS※情報は掲載時のものです

この連載について

2人で読む 【妊娠初期】 安心マタニティ

「もしかしたら妊娠?」と思ったときから初期妊婦さんは不安なことだらけ。妊娠初期90日の週ごと&日ごとのアドバイスを読んでいくことで、そのときの赤ちゃんの様子、ママの生活上の注意点などが少しずつ理解でき、赤ちゃんの成長を実感できます。35年以上にわたって妊婦さんと赤ちゃんを見守ってきた産婦人科ドクターによる温かくて信頼できるアドバイス!

最新の記事

【妊娠15週6日/予定日まで169日】明日から安定期に入ります

【妊娠15週5日/予定日まで170日】足のつけ根をストレッチしましょう!

【妊娠15週4日/予定日まで171日】歩き方を変えるだけで運動量がアップ!

クリップ

あなたにおすすめ

ママとしての毎日を楽しく
注目コラム