あなたの出産は安産でしたか? ここ1年でママになった人400人に聞きました!

 専門家監修 公開日:2017/01/28
あなたの出産は安産でしたか? ここ1年でママになった人400人に聞きました!
監修
細川さつき先生
日赤医療センター 産婦人科医

初産の場合、平均分娩時間は11~15時間。7~8時間ならスムーズなお産といえますが、長くても途中で休息がとれたりした場合は体力的に余裕があることも。医学的な定義はなく、ママ本人が「いいお産」「よかった」と思えたら安産といってよいでしょう。そこでここ1年でママになった人400人に、自分の出産は安産だったかどうかを聞きました。

Q.自己判断でOK! 自分は「安産だった」と思いますか?

はい……53%
いいえ……37%
わからない……10%

安産だった!先輩ママの声

●誰も間に合わないほどスピード出産でした
陣痛がきて1時間半で出産。家族は間に合わなかったけれど、助産師さんのサポートのおかげで順調に進んだと思います。(Tさん)
●産院の心づかいで、帝王切開もいい思い出に
手術の手順をYouTubeで予習していたのであせりはなく、病院が出産の瞬間を撮影してくれ、いい思い出になりました。(Aさん)
●夫のおかけで安産に。意外と頼りになりました
当日まで悩んだ立ち会い。陣痛中に話し相手になってくれて気が紛れたし、意外と頼りになることがわかりました。(Yさん)

安産じゃなかった!先輩ママの声

●赤ちゃんがおりてこず、最後は吸引分娩で出産
分娩時間は4時間ほどだけど、激痛になってからが長かった。お菓子がやめられず、私の体重が増えすぎたからかもしれません。(Nさん)
●1人目が安産で余裕!と思っていたのに……
2人目のほうが痛くて腰の骨がくだけるかと思いました。体重が12kg増えたので、もう少しコントロールしたらよかったかな。(Kさん)

わからない…先輩ママの声

●イメトレできないまま本番。14時間って安産?
お産のイメージが全くわかないまま当日が来ました。分娩時間は14時間でマニュアルどおりだけど、吸引分娩もしたので。(Eさん)

違いはなに? 安産だったママと安産じゃなかったママ徹底比較

mak2017012801

体重管理や年齢のほか、恐怖心があるかないか、でもお産の進み方は違います

いわゆる安産になるかどうかは、産道の条件がととのうことが大切です。極端に体重が増えて産道に脂肪がつきすぎると、子宮の収縮がうまくいかずに陣痛が起こりにくくなります。産道は加齢によってもかたくなりがち。また、お産は体力勝負ですから、体力に自信がある人は「安産だった」と思える割合が高いでしょう。経験値で言うと、お産に対して恐怖心があるかないかでも進み方が違うと思います。分娩室に移動するとき、マイナスのイメージではなく、「赤ちゃんに会える」というプラスのイメージで入っていけるかどうか。適度に力が抜けた状態で臨むことも、いいお産のポイントだと思います。

出典 :Pre-mo(プレモ) 2017年春号※情報は掲載時のものです

監修
細川さつき先生
日赤医療センター 産婦人科医
横浜市立大学医学部卒業。東京大学医学部附属病院、関東労災病院などをへて、2009年から同院に勤務。35才以上の妊婦さんが半数以上で、ハイリスクのお産の経験も豊富です。

あなたにおすすめ

ママとしての毎日を楽しく
注目コラム