使うとほかの薬が効かなくなる? 赤ちゃんの肌ケア・ステロイド剤6つの疑問

コラム 2017/02/13更新

冷たく乾燥した空気によって肌のバリア機能が低下する冬。赤ちゃんの肌トラブルを避けるためには、日ごろのスキンケアが第一ですが、もし病院で「ステロイド剤」を処方された場合は、正しく使うことが大切です。ママたちが気になるステロイド剤への疑問を、ドクターに解決してもらいましょう。

Q ステロイド剤をやめるとすぐに症状がぶり返します。一度使うとやめられなくなるのでしょうか?


肌のよい状態が保てるようスキンケアを見直して


「ステロイド剤がやめられなくなる」ことはありません。症状がぶり返すときは日々のスキンケアを見直しましょう。「よくなったから」と自己判断でステロイド剤をやめないことも大切です。やめるタイミングは医師に確認しましょう。

Q ステロイド剤は無理やり炎症を抑えているだけで、根本的な改善にはならないと言われました


根本的治療ではありませんが、症状の改善には最適な薬です


「かぜを根本的に治す薬はない」と言われますが、熱やせきの症状をやわらげる薬はたくさんあります。ステロイド剤もこれに似ています。炎症を抑えてかゆみをしずめることで、肌がバリア機能を回復するのをサポートし、トラブル改善につなげます。

Q ステロイド剤を使うとほかの薬が効かなくなるというのは本当?


ステロイド剤の塗り薬でほかの薬が無効になることはありません


飲み薬のステロイド剤は、糖尿病、高血圧、感染症などの薬と併用すると、薬の効果が下がったり逆に過剰になったりすることがあります。肌トラブルに使う塗り薬の場合、このようなことはありません。予防接種も問題なく受けられます。

Q 赤ちゃんがステロイド剤を塗った部分をなめてしまいますが、大丈夫?


薬を多少なめても問題ありません


肌に塗った薬を少しぐらいなめても、体に悪影響を及ぼす心配はありません。塗り薬はまずいので、大量に食べることはまずありません。気になるなら、包帯や衣服で患部をおおいましょう。

Q ステロイド剤を使ってはいけない肌トラブルはある? それは自分で見分けられる?


真菌(カビ)やウイルスが原因の皮膚炎に使うと悪化します


カンジダ皮膚炎、ヘルペス、水虫など、真菌(カビ)やウイルスが原因の皮膚炎に使うと、かえって悪化します。見分けるのは難しいので、以前に処方されたものを使ったりせず、必ず受診しましょう。

Q ステロイド剤と保湿剤を両方使う場合は、どちらを先に塗ればいいですか?


どちらが先でも効果は変わらないのでOK


どちらを先に塗っても効果は同じです。薬局であらかじめ混ぜ合わせた「合剤」が処方されることもよくあります。




トップ画像撮影/羽田徹(biswa.)

お話/宮下クリニック院長 宮下守先生
昭和大学医学部卒業。同大学大学院修了。東京労災病院小児科部長、昭和大学医学部小児科講師などを経て、宮下クリニックを開院。ていねいな説明と診察で、ママたちからの信頼が厚い先生です。

出典 :Baby-mo(ベビモ) 2017年01月冬春号※情報は掲載時のものです