出産にコレ持ってって! 「便利だった」「こうすれば…」をお産入院の体験から先輩ママがアドバイス

コラム
公開日:2017/01/19
出産にコレ持ってって! 「便利だった」「こうすれば…」をお産入院の体験から先輩ママがアドバイス

先輩ママのお産入院の実体験から、「これが便利だった!」「こうすればよかった!」をご紹介します。エピソードを参考にして、お産入院のための準備を進めましょう。

つらい陣痛は超音波写真を見て乗り切りました!

陣痛がつらいときは、手作りの超音波アルバムをながめて乗り切りました。おなかの中の赤ちゃんがこんなふうに成長してきたんだな~と考えながら見ていると、いろんなことを思い出し、自然と「がんばろう!」という気持ちに。持って行ってよかったです。(Eさん&Sくん6カ月)

入院中に乳首が切れた! ケアクリームが活躍

授乳中に乳首が切れることがあると聞いて、おっぱいケアクリームを念のため用意。案の定、入院中に乳首が切れてしまったので、授乳のたびに塗っていました。持って行ったのは、メデラのピュアレーン100。赤ちゃんがなめても大丈夫なので安心して使えました。(Aさん&Kくん3カ月)

産後は疲れて眠れない! 癒やしグッズがお役立ち

出産で予想以上に体力を使い、産後は体がぐったり……。でも、授乳や赤ちゃんのお世話でなかなか眠れないので、ホットアイマスクで少しでもゆっくり眠れるようにしていました。また、足がむくむので着圧ソックスも活躍。自分のための癒やしグッズは必須です!(Yさん&Eくん9カ月)

ベッドのそばに置いて授乳時間をチェック

入院中は予想以上に時間を気にして過ごしました。携帯電話やスマホでも確認できますが、いつでもさっと見られる時計のほうが使い勝手がよかったです。産後は授乳の時間を確認するのに役立ちました。病院によっては時計がある場合もあるので、確認しておくと◎。(Rさん&Rちゃん4カ月)

生理用ナプキンがあとから必要に!

産後の悪露の量が多く、産院でもらった出産セットのナプキンだけでは足りず……。夫に頼むわけにもいかず、母や姉に買ってきてもらいました。「多い日用」がちょうどよかったです。あって困るものでもないので、念のため用意しておいてもよかったかも。(Wさん&Hくん6カ月)

最小限の荷物で入院し、必要なものはあとから追加

2日に1回ぐらいで家族が来てくれる予定だったので、入院グッズは必要最小限に。夫や両親に必要なものを持ってきてもらうときに、位置がわかりやすいよう、事前に部屋の整理をしておきました。病院で用意されているものも、あらかじめチェックしておくと◎。(Hさん&女の子7カ月)

名づけ事典を持参して入院中に考えました

予定帝王切開で長期間の入院が決まっていたので、あらかじめ名づけ事典を持参。入院中に赤ちゃんの名前を考えるのに役立ちました。生まれてくる赤ちゃんのことを考えながら、いろんな名前を見るのは楽しい時間。お産にも前向きになれてよかったです。(Rさん&Rくん7カ月)

産休や育休に必要な書類を準備しました

働いているママは、産休や育休の手続きに必要な書類を産院に記入してもらわないといけないため、その書類をお産入院の際に持参。入院中に書いてもらい、退院の際に記入ずみのものを渡してもらいました。そのほうが二度手間にならずおすすめです。(Cさん&Mちゃん4カ月)

妊娠・出産のことはPre-moで!
hyoshiAmazon_100

出典:Pre-mo ※情報は掲載時のものです。

あなたにおすすめ

注目コラム