おせち料理の意味、子どもに正しく説明できる?【頭のいい子を育てる歳時記】

コラム
公開日:2016/12/29
おせち料理の意味、子どもに正しく説明できる?【頭のいい子を育てる歳時記】

お正月準備もまっさかりの年末。おせちの材料を買い出しにいくおうちも多いのでは? お正月に食べるおせち料理にはさまざまな願いが込められています。せっかくの機会なので、お正月準備をしながら&おせち料理を食べながら、子どもに日本の伝統行事や食文化を経験させてあげたいですね。以下が代表的な“願い”が込められた料理です。

三段のお重にさまざまな願いを込めて…

おせちは「三段重に奇数の種類を詰める」という決まりがありますが、重箱がなければ、家にあるお気に入りの器でかまいません。飾りに南天や笹、葉らんなどの緑の葉ものを使うと、料理がより引き立ちます。

一の重 

お正月の特別なお酒「おとそ」をいただくための「祝い肴(いわいざかな)」や「口取り(くちとり)」をつけます。それぞれの食材には縁起のよいいわれがあります。

dma-dt-abb_3389_s

だてまき

「伊達(だて)」は はなやかさを表す言葉です。

dt-abb_3522_s

かまぼこ

赤と白の2色を使って紅白でおめでたいとされています。

dt-abb_3499_s

かずのこ

かずのこはにしんの卵。子どもや孫の数が増えるように、という願いが込められています。

dt-abb_3504_s

黒豆

まめに(元気にまじめに)働けるようにという願いが込められています。

dt-abb_3490_s

きんとん

黄金色のきんとんはお金や宝を意味しています。

dt-abb_3516_s

田作り

作物が豊かに実るようにという願いが込められています。

dt-abb_3507_s

たたきごぼう

しっかり根をはって暮らせるように願って。

dt-abb_3487_s-1

二の重

「やき物」や「すの物」の重。焼魚や海老、肉料理、なますなどをつめます。

dt-abb_3383_s

三の重

「煮物」の重。季節の根菜をたっぷり使ったものをつめます。

dt-p4851-abb_3342

総監修/宮里暁美先生 国立大学法人お茶の水女子大学人間発達教育科学研究所教授。文京区立お茶の水女子大学こども園園長。子どもの姿に「耳をすますこと、目をこらすこと」を心がけ、30年以上、保育の現場や保育者養成に従事。お茶の水女子大学附属幼稚園の副園長を7年間務める。十文字学園女子大学幼児教育学科教授を経て、2016年4月より現職。子どもたちや親たちとともに、季節を味わいながら過ごす日々を重ねている。著書に『子どもたちの四季』(主婦の友社)。3児の母。 出典:できるよ! せいかつ366 ※情報は掲載時のものです

4074144867

あなたにおすすめ

注目コラム