ひんやり&湯冷め防止!寒い冬のお風呂タイムを乗り切るアイデア5

コラム
公開日:2016/12/21
更新日:2019/09/06
ひんやり&湯冷め防止!寒い冬のお風呂タイムを乗り切るアイデア5

お出かけや授乳など、「寒さとの闘い!」ともいえる冬育児。とくにベビーとのお風呂タイムは、湯冷めしてしまわないか、かぜをひかせてしまわないかと心配するママも多いはず。そこで、寒い冬もお風呂タイムが快適になるアイデアを紹介! 便利アイテムなども参考にしてくださいね。

アイデア1 入る前のシャワーを出しておくだけで浴室温度がアップ

シャワーヘッドを持つ女性

おふろに入る直前に、シャワーのお湯を壁や床全体にかけておきます。浴室が湯気で包まれ、入った瞬間の床のひんやりも解消できます。

アイデア2 あたたかい日中におふろに入れてしまうのもアリ

日ざしが入る日中におふろタイムを設定するのも一案! お昼寝のあとの3時ごろに入浴をすませてしまえば、夕食から就寝までの生活リズムもつくりやすくなります。

アイデア3 足つめた~い(泣)はスポンジマットを敷くだけで即解消

お風呂用スポンジマット、桶

浴室の床に、おふろ用のスポンジマットを活用するママも。やわらかなさわり心地で、ベビーをそのままおすわりさせるときにも安心です。立てておけばすぐに乾き衛生面もバッチリ。

アイデア4 ママ安心、ベビーあったかなタミータブが便利

ドイツ生まれのバケツのような形をしたベビーバス。すぐにお湯を張れて、赤ちゃんをすぽっと入れられます。ママのおなかの中にいたような体勢でリラックスでき、ゆっくりあたたまります。

アイデア5 頭も体もすっぽり! フードつきポンチョがおふろあがりに活躍

フード付きポンチョにくるまる赤ちゃん

おふろあがりのほかほかベビーをすぐにくるめるタオル地のポンチョ。全身をサッと包んで一気にふけば、湯冷めする心配もなし。1枚あるとねんね時代から2~3才まで長く使えます。

育児に関する疑問はBaby-moで解決!

Baby-mo

出典:Baby-moより※情報は掲載時のものです トップ画像撮影/羽田徹(biswa.)

あなたにおすすめ

注目コラム