生後6ヵ月、離乳食が始まって「食べた!食べない・・・」大変です【新米ママぴろよの部屋vol.27】

生後6ヵ月、離乳食が始まって「食べた!食べない・・・」大変です【新米ママぴろよの部屋vol.27】

連載 新米ママぴろよの部屋3〜6カ月からNOW〜

こんにちはー あらいぴろよです。

今日は離乳食が始まって、面倒く…いやいや大変☆だったあの頃。
まずはゴックン期のお話です。

Mやすの離乳食は5カ月を過ぎて6カ月寸前に始まりました。
なんでその時期?と言いますと…
基本を勉強しようと離乳食の本を開いたんですけどね、
産後バカの影響で内容が全然分からなかったんです…。 特に

スプーンのことを言ってるのは、一応分かるんだよ?
だけど「ひとさじ」が、どのスプーンをさしているのか全く分からなくて…
保健師さんに聞いて、ようやく計量スプーンの「小さじ」って知った時が6カ月寸前だったの。

…落ち込んでる暇はない!遅れをとってしまった分巻き返すわよ!!!
ってノリノリで10倍粥を作ったんだけど、出来上がったそれは…

ここに雀が来ちゃったら童話「舌きり雀」のお話がスタートしてもおかしくないくらい、まごうことなき糊。
※舌きり雀が食べた糊はご飯由来の洗濯糊

……これ本当にあげていいの?
不安な気持ちになりつつも、お粥を一掬いして盛り付け……ようとしたんだけど


どうにか容器に移すも、いろんなところに飛び散っててさ。もう絶対「ひとさじ」じゃない。
あんなに「ひとさじ」について悩んだのになぁ…

まあ…
今日は初日だし、あんまり気にしないでやろ~っと☆
Mやす~!ご飯(仮)よ~!

うんうん、わかるわかる。 私だってこれを出されたら
「これは洗濯のときに使うやつでは?」って目を光らせながらシェフに一言物申すわ。

でも実はさぁ…
この舌きり雀がまっしぐらなお粥さぁ… 鍋いっぱいに作っちゃったんだよねぇ…
どうしようかなぁと考えるも、結局それを小分けし冷凍庫へ。

次の日同じものを出した。
Mやす~!ご飯(仮)よ~!

正直そこからは、何も悩むことはなかった。
Mやすはよく食べ、食べられるものがどんどん増えていったから。
※アレルギーなどが出る可能性もあるため、初めての食材は病院があいてる時間帯にあげてね!

順調すぎて調子に乗った私は「Mやすのご飯は、絶対に全部手作りする!」と密かに誓ったし

新しい食材チャレンジのためにスケジュールをバッチリ立て、
毎日離乳食を仕込み、いろんなレシピにも挑戦し、毎回5品くらい用意して…あの頃の私は本当に頑張ってた。

まあ、そうして食べられる種類のものが増えれば
Mやすだって苦手なものが出てくるのは当然なわけなんですが、当時の私は全く気付かなかったよね。
だから


そこからは「舌きり雀」の婆さんのキャスティングは私に決まりかな?
ってくらい執念深く、離乳食作りに情熱を燃やした。

…なのに、私の頑張りと反比例するようにMやすはあまり食べなくなったのよ…。

離乳食の残骸を前に、悲しい気持ちになった。

何が悲しいってさ、手の込んだ離乳食よりも、すりおろしただけのリンゴへのパクつきようだよね。
それ、すりおろしただけなんすけど。

ねえ、こっちの「栄養満点☆人参としらすと里芋のトロトロ」は?
作るの超大変で、腕一本犠牲になってもおかしくないくらいの労力だったよ?


白状しますけど、実は料理って嫌いじゃないけど
好きじゃないし得意でもないし興味もないしで、ないない尽くしの3連発。

でもね?そんな私がね?
Mやすを想うからこそ、すげえ頑張って必死に用意したんですよ。

なのに肝心のMやすは食べてくれない。
だからその頃の私って舌きり雀の意地悪婆さんが雀にひどいことしたくらい、イライラしてたと思うよ。

でも意地悪婆さんになるのはちょっとね。御免こうむりたいので、婆さんの気持ちを(独断と偏見で)分析してみた。

婆さんは洗濯する(家事)ために糊を用意したらしいんだけど…
噂の通り本当に意地悪な人なら、洗濯糊使って洗濯するとかそんな手間のかかることする…?
……婆さんもしかして(洗濯頑張ったら爺さん惚れ直すかしら?)なんて淡い期待してたんじゃ……?

そんな乙女な気持ちをポッと出の雀に邪魔されて、挙句の果てに肝心の爺さんすら雀を庇うとか。
絶望かよ…
※全て私の妄想です

婆さんもさ、嫁いだ当初慣れない家事で無理してたんじゃない?
で、色々頑張るも爺さんが案外鈍感で気付かないことが多くて、
婆さんの気持ちも散々スルーしてきたんじゃないの~?
そしてついに、雀の件で我慢の限界・大爆発しただけなんじゃない?
あれ… てことは婆さんがこうなったのは全部爺さんのせい…?※全て私の妄想です

この理論を、私が今回イライラしてしまうことに当てはめて考えると
私はMやすを想って離乳食作ってるのに、それを食べないMやすが悪いってことになる。

でも… Mやすが本当に悪いのかな?

離乳食の本来の目的は「食事」という行為に慣れたり、なにより「楽しいもの」と知るためのものらしいじゃん。
でも私は「目的」というよりも「好き嫌いのない子にしたい」という「目標」を見てた気が…。

Mやすは無罪だった。
そしてもちろん爺さんも。
私も婆さんも、「頑張った」結果の「報い」が欲しかったのかな。

……欲しいに決まってんだろ!!!!!!!!!
頑張ったんだから報われてぇに決まってんだろ!!!!!!!!

でも、このまま頑張り続けても私はイライラするだけだし、誰も幸せじゃなさそうな気がしたので
頑張るのをやめようと思いました。
…とはいえその後も気持ちが空回りすることがあってピエー!ってしましたけども、その話はまた次回☆

次回は「離乳食~モグモグ期~」
をお送りします。

ちゃお!


この連載について

イラストレーターのあらいぴろよさんの爆笑育児マンガコラム。育児がこんなに大変だなんて聞いてなかった!という叫びから、仲良しだった義母との確執まで、おもしろおかしい話がたっぷり!

最新の記事

友人の妊娠により新たに気付いた肉体の神秘♪【新米ママぴろよの部屋vol.039】

生後6ヶ月赤ちゃんと長距離ドライブで学んだこと!【新米ママぴろよの部屋vol.047】

生後6ヶ月赤ちゃんと長距離ドライブで学んだこと!【新米ママぴろよの部屋vol.047】

PROFILE
あらいぴろよ
イラストレーター
イラストレーターで一児の母。さまざまな雑誌や書籍、webなど幅広くイラストを手がけている。趣味は散歩とプロレス観戦。著書には、Millyの連載とはまったく違う視点で描かれた育児マンガ『ワタシはぜったい虐待しませんからね!』(主婦の友社)↓↓↓などがある。

発売中 :ワタシはぜったい虐待しませんからね!※情報は掲載時のものです

クリップ

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
抽選で二名様に当たる!エルゴベビー「ベビーキャリア ADAPT(アダプト)」プレゼント 9月30日まで 詳細はこちら
注目コラム