離乳食の定番食材「しらす」「ヨーグルト」で作る栄養満点メニュー【生後7~8カ月ごろ・モグモグ期編】

コラム
公開日:2016/11/27
更新日:2018/08/14
離乳食の定番食材「しらす」「ヨーグルト」で作る栄養満点メニュー【生後7~8カ月ごろ・モグモグ期編】

離乳食に取り入れられる食材がだんだん増えてくるモグモグ期(生後7~8カ月ごろ)。乳製品や肉・魚類を使って必要なタンパク質をちゃんととりたいですね。ここではしらす干し・鶏ささ身、プレーンヨーグルトを使ったメニューをご紹介。やわらかい絹ごし豆腐のような、赤ちゃんの舌でつぶせるかたさを目安にしてください。

玉ねぎのしらすあえ

b20161127nagasawa02

◆材料◆

玉ねぎ……20g(中1/8個)
しらす干し……10g(大さじ2)

◆作り方◆

1 玉ねぎは薄切りにし、小鍋に入れてかぶる程度の水を加え、やわらかくなるまでゆでる。
2 しらす干しは耐熱容器に入れ、100ml程度の熱湯を注いで5分ほどおき、湯をきる。
3 すり鉢に1と2を入れ、あらくつぶす。

b20161127nagasawa03

玉ねぎは繊維に逆らって切ると、短めの薄切りが簡単にできます。

ささ身とトマトのパンがゆ

b20161127nagasawa04

◆材料◆

鶏ささ身……10g(1/5本)
トマト……20g(中1/8個)
食パン(8枚切り)……15g(1/3枚)

◆作り方◆

1 食パンは耳を落として小さくちぎり、水にひたし、水けを軽くきる。
2 鶏ささ身は熱湯でさっとゆで、あら熱がとれたらこまかく刻む。
3 トマトは皮をむいて種をとり、すり鉢であらくつぶす。
4 耐熱容器に1、3を入れ、ラップをかけて電子レンジで約30秒加熱する。なめらかにつぶしたら、2を加えてまぜ合わせる。

b20161127nagasawa05

トマトは必ず皮をむくこと。少量使う場合はくし型切りにして包丁で皮をむくと簡単です。

ぶどうとじゃがいものヨーグルトあえ

b20161127nagasawa06

◆材料◆

ぶどう……10g(10粒)
じゃがいも……30g(中1/5個)
プレーンヨーグルト……大さじ3

◆作り方◆

1 じゃがいもは皮をむき、小鍋でやわらかくゆでる。あら熱がとれたら、スプーンなどでつぶす。
2 ぶどうは皮と種をとり除き、こまかく刻む。
3 プレーンヨーグルトに1、2をまぜ合わせる。

ぶどうは皮と種をとり除くだけで、加熱しなくても生で食べられます。

育児に関する疑問はBaby-moで解決!

61h141y4kll-_sx389_bo1204203200_

監修&調理/料理研究家 上田淳子先生

国内外のレストランで修行後、雑誌や書籍、テレビなどで活躍中。旬の食材を使った料理を紹介するウェブサイトも人気です。http://ddc-premium.com/
出典:Baby-moより
※情報は掲載時のものです

こちらの記事もおすすめ!

離乳食で牛乳を使っていいのはいつから? 進め方とアレルギー&時期別レシピ
離乳食で牛乳を使っていいのはいつから? 進め方とアレルギー&時期別レシピ
カルシウムが豊富で、味つけとして離乳食にひんぱんに登場する牛乳。メニューの幅が広がる便利な食材ですが、赤ちゃんにはいつから与えていいのでしょうか。離乳食の時期別の量や進め方、牛乳を使った離乳食レシピをご紹介します。
記事を読む
2才〜5才 「牛乳・乳製品がきらい!」好き嫌い克服ポイント&おすすめレシピ
2才〜5才 「牛乳・乳製品がきらい!」好き嫌い克服ポイント&おすすめレシピ
牛乳・乳製品は子どもの発育に不可欠なカルシウムやタンパク質など栄養素が豊富に含まれていますが、あの独特のくさみや味が苦手という子も…。学校の給食にも出てくるので、好き嫌いなく食べてほしいですよね。苦手克服ポイントと調理法を管理栄養士の牧野先生にうかがいました。
記事を読む
離乳食でヨーグルトを与えていいのはいつから?進め方や量、アレルギーもチェック
離乳食でヨーグルトを与えていいのはいつから?進め方や量、アレルギーもチェック
筋肉や血液をつくる良質なたんぱく質が豊富に含まれている乳製品。なかでもヨーグルトはとろみ具合が離乳食にピッタリで、調理のバリエーションもいろいろ。ママにとっても身近な食材ではありますが、赤ちゃんが摂取するときには、量や進め方に配慮が必要です。いつからどれくらいの量を赤ちゃんに食べさせてもいいのか、気になるアレルギーについてもあわせてチェックしましょう。
記事を読む
赤ちゃんの離乳食にヨーグルトがおすすめな理由は? 妊娠中&授乳中ママにも最適! ”WHY ヨーグルト?” 
赤ちゃんの離乳食にヨーグルトがおすすめな理由は? 妊娠中&授乳中ママにも最適! ”WHY ヨーグルト?” 
手軽に摂れて、しかも赤ちゃんに必要な栄養素がたっぷり含まれているヨーグルトは離乳食の定番食材。赤ちゃんはもちろん、産前・産後のママの健康管理にも注目されています。みなさんはそんなヨーグルトのこと、実際どれくらいご存じですか? 今回は管理栄養士の堀 知佐子先生と一緒に、おいしくて体にいいヨーグルトの疑問を解決します!
記事を読む

あなたにおすすめ

お子さんを持つママの実績に!詳しくはこちら
注目コラム