2月・3月生まれ赤ちゃんの「肌着・ウエア」出産準備。何が何枚必要? 季節と月齢に合わせた着せ方教えて!

コラム
公開日:2016/11/11
更新日:2018/01/26
2月・3月生まれ赤ちゃんの「肌着・ウエア」出産準備。何が何枚必要? 季節と月齢に合わせた着せ方教えて!

何を何枚用意するか悩む、赤ちゃんの肌着やウエア。特に季節の変わり目に出産予定だと、必要なものが予想しにくいものですよね。そこで、2月と3月に出産した先輩ママに、産前に準備したものと産後の着せ方を聞きました。これらを参考にして、かしこい出産準備へと役立ててください!

【2月24日・東京生まれ】お出かけにも使える長袖ボディスーツをヘビロテ

意外と使えたのは、家でもお出かけにも便利なボディスーツ。足を動かせるのでご機嫌だったのと、パーカーやズボンで体温調節もしやすいので重宝しました。(Yさん&Rくん)

産前に購入したもの

●短肌着……6枚
洗い替え用に、産後6枚買い足し。
●長肌着……6枚
部屋の中で、短肌着に重ねて使用。
●2ウェイオール……5枚
使い勝手がよく重宝しました。
●ボディスーツ……5枚
生後2カ月以降におうち&外出で活躍!
●ズボン……4枚
ボディスーツやパーカーと合わせて使用。
●パーカー……1枚
少し肌寒いときのはおりに。

生後0~1カ月(2~3月)

部屋はあたたかいので、短肌着+長肌着ですごす
mak2016111102

mak2016111103

おむつ替えが多かったので、短肌着+長肌着がラクちん。防寒対策の靴下は、1カ月になるころから使用。ゴムが少しきつめのものが脱げずに◎でした。

生後1~2カ月(3~4月)

雨など肌寒い日にはパーカーをオン
mak2016111106

mak2016111104

1カ月健診のときは、短肌着にパーカーとズボンを合わせて外出。セパレートしたアイテムはさっと体温調節したいときに便利でした。

生後2~3カ月(4~5月)

長袖ボディスーツは足も動かせてご機嫌
mak2016111105

mak2016111107

首がしっかりしてきて、かぶるタイプのボディスーツも着せるように。おしゃれなデザインのものも多く、おうちではもちろんズボンをはかせて外出も。

【3月2日・大阪生まれ】すぐに必要のないロンパースはやや大きめサイズが正解

3月生まれだと、すぐあたたかくなり早くお出かけできそうですが、ロンパースが着られるのは首がしっかりしてから。70cmくらいを買っておくのが正解かも!(Yさん&Nくん)

産前に購入したもの

●短肌着……7枚
かわいいものを集めていたらザ・男子顔で買い足し。
●長肌着……7枚
足を動かすようになるとはだけるので使わず。
●コンビ肌着……5枚
足を動かす2カ月ごろから活躍。
●2ウェイオール……2枚
お祝いでいただいたもの。来客時に使用。
●ロンパース……3枚
新生児サイズは外では着られずにサイズアウト。
●ボディスーツ……1枚
かぶりが多いので首がすわってから買い足し。
●おくるみ……1枚
おくるみに包むとよく寝るので2枚買い足し。

生後0~1カ月(3~4月)

2週間健診のときなどおくるみがなにかと便利

mak2016111109
mak2016111108

短肌着+長肌着が基本。2週間健診には2ウエイオールを重ねておくるみを。ミトンと靴下で防寒しました。おくるみはお昼寝や、ベビーカーのひざ掛けなどオールシーズン使えると思います。

生後1~2カ月(4~5月)

足を動かすようになりコンビ肌着にシフト
mak2016111110

mak2016111111

足を動かしておなかが出てしまうので短肌着+コンビ肌着にシフト。4月なので、お散歩などの外出には、暑くなったら脱げるベストやカーディガンを。

生後2~3カ月(5~6月)

半袖ボディスーツが主流に
mak2016111112

mak2016111113

肌が弱かったので、なるべく綿100%やオーガニックコットンのものをチョイス。お出かけは半袖ボディスーツ+パンツでおしゃれを楽しむように。

出典 :Pre-mo(プレモ) 2016年11月号※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ

注目コラム