家事の上手な効率化は? 職場対策は? 働く先輩ママのやりくりテクニック集!

コラム
公開日:2016/10/19
家事の上手な効率化は? 職場対策は? 働く先輩ママのやりくりテクニック集!

家事に育児に仕事……。働くママの不安を解消すべく、先輩ママたちにやりくりテクを聞きました。自分やパパにとって一番いい方法を見つけるための参考にしてくださいね!

どの時間を家事タイムにするかが、効率化のカギ!

◆掃除編◆
●すきま時間を見つけて平日もさっとお掃除
娘を保育園に送って自転車を置きに戻ったときや、おむかえ前など、すき間時間を見つけて掃除機をかけます。(Mさん/Rちゃん・1才10カ月)

●「家族全員で片づけ」を寝る前の習慣に
夜、寝る前に家族みんなで片づけタイムを設けています。掃除機をすぐ使える場所に置くのもキレイに保つコツです。(Sさん/Nちゃん・7才&Sくん・2才1カ月)

◆洗濯編◆
●干したまま収納。ハンガーを使った時短テク
毎日室内干しにし、乾いたら干したハンガーのまま収納しています。シワもつかずにたたむ手間も省け一石二鳥です。(Rさん/Yくん・1才9カ月)

●便利な浴室乾燥機能とパパをフル活用!
わが家では、洗濯はもっぱらパパが担当。夜に洗濯して浴室乾燥をかければ、翌朝には乾いているのでラクチン♪(Kさん/Rくん・1才2カ月)

◆収納編◆
●物をため込まずに、いらないものは即処分!
ものを増やさないために、子どもの服や妊婦服は友だちにあげたり、いらないものはためらわずに捨てています。(Mさん/Rちゃん1才10カ月)

●ついつい増えてしまう子ども用品はセーブを
室内を子ども仕様にすると、ものが増えてしまうので、ベビーグッズやこまごましたものを買わないように注意しています。(Kさん/Kちゃん・10才&Sちゃん・1才4カ月)

仕事のための準備&職場との調整は、コミュニケーションがポイント

●復帰後に備えて家事のサポート役を導入
生協への加入、全自動洗濯機やお掃除ロボットなどを導入して、復帰前に家事を自動化しておきました。(Aさん/Eちゃん・2才2カ月)

●感謝の気持ちを忘れずに責任をもって仕事をする
復帰後は職場に必ず迷惑をかけてしまうので、コミュニケーションを大切に。感謝を忘れないようにしています。(Kさん/Rくん・1才2カ月)

●育休中、仕事仲間にはこまめに連絡を
2カ月に1回は会社に顔を出し、仕事のフォローをしてもらっているメンバーとは、まめにメールのやりとりをしています。(Sさん/Nちゃん・7才&Sくん・2才1カ月)

●子どもの急な熱には先手を打って対策を
子どものせきや鼻水がひどくなってきたら、早めにシフトを交代。両親の予定を聞いたりし、急な呼び出しに準備します。(Cさん/Kくん・1才2カ月)

まとめ買い&保存で食事作りを大幅時短!

●ハンドブレンダーで食事作りがラクチンに!
ポタージュやマッシュポテトがラクにでき、野菜のみじん切りもあっという間にできる、頼れる時短アイテムです。(Mさん/Rちゃん・1才10カ月)

●週末のまとめ買いで時間とお金の節約!
平日に買い物に行くと、余計なものを買ってしまい時間もかかるので、週末に1週間分の買い出しをしています。(Kさん/Hくん・1才10カ月)

●離乳食は週末に作り、冷凍保存がおすすめ
離乳食は週末に作り冷凍ストック。和風だしやホワイトソースなどはお湯でとかすタイプも常備しています。(Sさん/Sちゃん・1才2カ月)

●朝の仕込み次第で夕食作りはスムーズに
帰宅後はバタバタするので、朝食準備のときに多めに煮込み野菜を作り、夕食でメニューを変えて出しています。(Kさん/Kちゃん・10才&Sちゃん・1才4カ月)

育児に関する疑問はBaby-moで解決!

61h141y4kll-_sx389_bo1204203200_

出典:Baby-mo(ベビモ)より
※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ

注目コラム