おむつなし育児ってトイレトレーニングとどう違うの?

コラム 公開日:2016/10/10
おむつなし育児ってトイレトレーニングとどう違うの?

「おむつなし育児」は、ひと言で言えば、「おむつの中でおしっこやうんちをすることを当たり前にしない育児法」です。トイレトレーニングとは違って、新生児からもはじめてもいいし、1才台でも2才台でもOK! ではこの2つはどう違うのでしょうか?

おむつなし育児って?

赤ちゃんの「おしっこをしたい」「うんちが出そう」という気配やタイミングに気づいて、お母さんや周囲の大人が手助けしてあげようというのが、おむつなし育児の基本です。おむつをまったく使わないことが「おむつなし育児」ではありません。 20161010ks01

大人がパンツのなかで用を足さないように、赤ちゃんも実はおむつの中にはしたくない!?

赤ちゃんが泣いたり、ちょっとぐずったりしたので、「おしっこかな」と思っておむつをはずしてみたら、その途端におしっこをしたということは、赤ちゃんを育てたことがある人なら、誰もが経験していることでしょう。赤ちゃんも、おむつという、おまたにぴったりくっついたものに排泄するのではなく、「何もない空間」に向けて排泄することを本当は望んでいるのではないでしょうか。 これまでは、おしっこをしたりうんちをしたりしておむつが汚れて気持ちが悪いからぐずっている……と大人は思っていました。しかし、どうもそうではなさそうです。 赤ちゃんにも、おしっこをしたい、うんちが出そう、という感覚があるようなのです。おそらく大人と同じように、膀胱が張ったり、おなかがごろごろしたりという感じが赤ちゃんにもあって、それでむずかっているのかもしれません。そのむずかりを大人が尿意や便意の合図と受け取って、赤ちゃんをおまるやトイレにささげて(だっこして排泄しやすい体勢にすること)あげたら、赤ちゃんはおむつが汚れて気持ちの悪い思いをしなくてすみます。 大人だけでなく、赤ちゃんだって、きっと、またがふさがれたままおしっこやうんちをすることは気持ちが悪くて嫌なのです。考えてみれば当たり前のこと。そのことへの気づきが、おむつなし育児について考えることにつながりました。

小さな赤ちゃんでも、自分で排泄のタイミングをお母さんに教えてくれる

赤ちゃんは「おしっこがしたい」「うんちが出そう」と泣いたりむずかったりして、私たち大人に伝えようとしていることもある。それに気づかず、いつもおむつの中でおしっこやうんちをさせることは、実は赤ちゃんに不本意なことを強いているのかもしれません。それでも赤ちゃんは順応性があってやさしいので、「ああ、うちのお母さん、忙しいしな」とか、大人の都合をおそらくはわかってくれて、その気持ちの悪さに慣れ、だんだんと、おむつの中でおしっこやうんちをすることを習慣にしていくのではないでしょうか。 20161010ks03

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
注目コラム