もしかして、この体の変化は妊娠初期?

コラム 公開日:2016/09/26
もしかして、この体の変化は妊娠初期?

「生理が遅れている」「熱っぽくてだるい」「なんだかいつもと違う感じがする」など、妊娠したかもと思ったきっかけは人それぞれ。妊娠初期にはどのような体の変化があらわれるのでしょうか。

妊娠超初期こそ、赤ちゃんを意識した生活を

まだ妊娠が確定できないような“超初期”でも、おなかのなかで小さな赤ちゃんは確実に育っています。とくに妊娠の“超初期”は赤ちゃんの体の各器官が形成される、とてもデリケートで大切な時期。妊娠する前の日常生活を思い出してみましょう。楽しいお酒の席や、体調不良だからと軽い気持ちで服用する薬など、大人にはまず害がなかったものが、度を越せばおなかの赤ちゃんにとっては大きな影響を与えてしまうこともあるのです。おなかに小さな命が宿った瞬間、妊娠する前は当たり前だったことが、当たり前ではなくなっていくという心構えが必要です。 もしかして妊娠しているかも、と思ったその日から、おなかの赤ちゃんのことを第一に考えた生活に切り替えていきましょう。 dma-_mg_4600

まずはこれだけは注意したい3つのこと

アルコールは控える アルコールは胎盤を通して赤ちゃんに届くため、大量に飲酒すると、赤ちゃんの発達や発育に影響を及ぼします。妊娠の可能性があるなら、あらかじめアルコールはやめましょう。仕事でのおつき合いや友だちとの飲み会もアルコール抜きで! 妊娠したら禁酒が基本です。 X線検査に注意 妊娠の可能性がある時期に健康診断や人間ドックなどでX線検査をする場合は要注意。1枚撮影する程度ならまず問題ありませんが、時間をかけて腹部撮影する場合などは、あらかじめ妊娠の可能性を伝え、X線を防護するベストなどを着用すると安心です。 タバコはやめる 喫煙は血管を収縮させるはたらきがあるので、赤ちゃんに酸素や栄養を届きにくくしてしまいます。その結果、流産、早産、胎児発育遅延など赤ちゃんに大きな影響を及ぼします。パパの喫煙による副流煙の影響も大きいので、妊娠したら夫婦ともに禁煙しましょう。

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
抽選で二名様に当たる!エルゴベビー「ベビーキャリア ADAPT(アダプト)」プレゼント 9月30日まで 詳細はこちら
注目コラム