便秘、寝かしつけ失敗、むきグセ 2カ月ベビーの心配ごと10

コラム 2016/09/05更新

「便秘ぎみ」「寝かしつけに1時間かかる」「布団に置くのに失敗」「部屋のすみをじーっと見つめる」「授乳途中で寝ちゃう」「舌に白っぽいものがついている」「しゃっくりが長時間続く」「寝ながらふんばったり、真っ赤になる」「お風呂のとき手をぐっと握る」「むきグセがある」など、2カ月ごろのベビーの気になる10のことに、ベテラン・ママドクターが答えてくださいました。

不可解なしぐさや行動も実は“成長のあかし”です

赤ちゃんは、できることが増えるにつれて、自分の体を使っていろいろ試し、ときには失敗しながら成長していきます。穴があれば指を入れて、おちんちんのような出っ張りは引っ張ってみる……。大人には理解不能なしぐさや行動も、実は成長のあかしということが多いのです。だから、「赤ちゃんって、こういうもの!」と、少しでも知ったうえでわが子をよく観察してもらえたら、毎日きっといろいろな発見ができるのではないかと思っています。

心配ごと1 舌が白いけど、ケアは必要?

舌に、白っぽいものがついています。これは、とったほうがいいのでしょうか?

22-1

Dr.Advice 範囲が広く、ふいてもとれなければ受診を
そのままにしてもいいですが、ミルクかすならぬらしたガーゼでふけばとれます。ただ、ふいてもとれず、ほおの内側や唇付近まで真っ白なときは、「鵞口瘡(がこうそう)」の疑いが。カンジダ菌が原因で口の中にカビが増殖し、炎症を起こしているので、受診して薬を処方してもらいましょう。

心配ごと2  豆電球をじーっと見つめて、何か見える?

真夜中の授乳中、豆電球や部屋のすみを見つめることが……。何か見えてそうでこわい。

22-2

Dr.Advice 光や音など、気になる方向へ顔を向けているのです
このころの赤ちゃんの視力は、20〜30㎝離れた人の顔がぼんやり見える程度ですが、光や音などに反応して、そちらを向くことはよくあります。明るいとか音がする、風が吹いてくるなど、何か気になることがあって、その方向へ顔を向けているのでしょう。

心配ごと3 授乳途中で寝ちゃうことも!

おっぱいは「よく吸わせたほうが出がよくなる」と聞いたので、母乳をあげるときは左右均等に5分くらいずつ飲んでほしいんです! でも疲れちゃうのか、途中でウトウト。起こしながら飲ませたほうがいいですか?

22-3.png

Dr.Advice 体重が増えているなら、片側ずつでも大丈夫
体重増加が順調なら母乳は足りていると考え、無理に起こしながら飲ませなくてかまいません。片側しか飲まないときは、次回の授乳は反対側から飲ませて。もし飲まないほうのおっぱいが張ってつらいようなら、授乳後に軽くしぼっておきましょう。

心配ごと4 便秘ぎみが気になる!

うんちが6日間出なくて病院で浣腸してもらったことも。育児書などには、「うんちやおしっこが出ていれば大丈夫」とよく書かれているので、気になっています。

22-4

Dr.Advice 綿棒浣腸で出るなら、排便は順調と考えて
この月齢では、腹圧をじょうずにかけていきむことができない子も多いので、おなかを軽く押さえながら「の」の字を書くようにマッサージはいいですね。綿棒浣腸も効果があります。綿棒はベビーオイルなどをたっぷりつけて、先端の綿が隠れるまでゆっくり差し込んで、1〜2回回します。ママが手伝って2〜3日おきでも出るのなら、うんちは出ていると考えていいのです。

心配ごと5 いつも右ばかり向いてます。直すべき?

うちの子は、いつも右を向いています。ねんねはもちろん、たて抱きにしても右向き。左も向けるので、右を向いているときは直すべき?

22-5

Dr.Advice 3カ月ごろ自然にかいしょうするまで頭の下側のケアを
向きぐせのある赤ちゃんは多いのですが、3カ月ごろになって首を自由に動かせるようになると、だんだん気にならなくなります。頭の片側だけ平らになっているなら、ドーナツ枕を使っても。また、下になっている側は汗などでむれて湿疹やただれになりやすいので、こまめにふいてあげましょう。

心配ごと6 寝かしつけに1時間かかることも!

グズグズし始めたら、いつも抱っこしてゆらゆら。でも、寝つくまでが長期戦です! 1時間近くかかってやっと寝るので、疲れます。

22-6

Dr.Advice 添い寝など、抱っこに近い状態で寝かしつけて
ぐずるのは、抱っこしてほしいだけかもしれませんね。本当に眠くても寝つけずぐずる子もいます。ずっと抱っこだとママが大変なので、添い寝でトントンするなど、抱っこに近いほかの方法で寝かしつけてみましょう。早く寝かせようとあせらず、ママも寝てしまうつもりで寝かしつけるのがコツです。

心配ごと7 しゃっくりってどうしたら止まる?

しゃっくりが始まると長時間続くこともあって、苦しそうなので心配……。

22-0

Dr.Advice ゲップさせて止まらなければ、おっぱいかおしゃぶりを
しゃっくりが出るのは、胃がふくらんで横隔膜が刺激され、けいれんするため。長時間続いても心配ありませんが、止めるにはゲップが効果的。それでダメなら、母乳の場合はおっぱいを飲ませ、ミルクの場合はおしゃぶりを吸わせて。すると息を止めた状態になり、自然に止まるはずです。

心配ごと8 寝ながらふんばったり、真っ赤になったり

眠っているのに、うんちするときのようにふんばることが。顔も真っ赤になるのですが、大丈夫?

22-8

Dr.Advice  低月齢のころ特有で、3〜4カ月には消えます
おっぱいやミルクをたくさん飲む赤ちゃんに多いようですが、原因ははっきりしていません。このころには原始反射(生まれつきの生理的な反射)が残っているので、意思と関係なくふんばってしまうのかもしれませんね。3〜4カ月ごろにはしなくなります。

心配ごと9 布団に置くとバレるのは、なぜ?

長時間ゆらゆらして、やっと眠ったと思い、布団におろすと泣くので、ガッカリです。

22-9

Dr.Advice 抱っこに近い状態で寝かせてみましょう
抱っこは、赤ちゃんにとって安心できて、とても心地いいもの。ぬくもりがない布団に寝かされれば、体勢も不安定になり、目を覚ますのも仕方がないでしょう。おくるみなどでくるんだまま、またはママが添い寝するなど、ぬくもりが感じられて安心できる体勢を保ち、抱っこに近いような状態で寝かせてみるといいですよ。

心配ごと10 お風呂のときグーッと握ってます

「赤ちゃんはビックリすると手を開く」と聞いたことがあります。でも、うちの子はお風呂に入れても手を開く動作はせず、胸の前でずっと握ったまま……。何か悪いの?

22-10

Dr.Advice 「モロー反射」は、わかりにくいことも
月齢の低い赤ちゃんが、驚いたときにビクッとして手を開く動作を「モロー反射」といい、生まれつき見られます。ただ、あらわれ方は個人差があるので、やさしくお世話をしていると、わかりにくいことも。1カ月健診でチェックしているはずなので、何も言われなかったのなら心配いりません。

監修/わたなべ医院院長 渡辺とよこ先生 
札幌医科大学医学部卒業後、国立小児病院新生児科(NICU)や東京都立墨東病院周産期センター新生児科部長、同病院副院長をへて2014年より現職に。多くの乳幼児をみてきた渡辺先生ならではの、的確で親切な助言が好評。これまで『母乳育児 ミルク育児の不安がなくなる本』(主婦の友社)など監修に携わった育児本多数。
出典:Baby-mo(ベビモ)

イラスト/腹肉ツヤ子

※情報は掲載時のものです。
b20160621am11

編集部おすすめ