まさかチャイルドシートで!? 夏のやけどはこんなことが原因!

コラム
公開日:2016/07/09
更新日:2019/09/11
まさかチャイルドシートで!? 夏のやけどはこんなことが原因!

夏に多い事故のひとつ「やけど」。ベビーは皮膚が薄いため、短時間で重症化してしまうことも。火を使うものだけじゃない、ベビーのやけどの原因をしっかり覚えておきましょう。

注意① 低い位置にある引き出し棚

やけど 子供 炊飯器

キッチン棚の下段にあるスライドボード。ベビーの手が届くので、炊飯器などを置くのは危険です。蒸気でやけどをするおそれがあります。

注意② 炎天下で熱くなった公園の遊具

やけど 公園 遊具 子供

直射日光にさらされた公園の遊具は、まさに熱した金属そのもの。遊ぶ前に熱くないかどうか、ママやパパが必ず確かめて。

注意③ チャイルドシートの金具部分

夏の日ざしは強烈。チャイルドシートやベビーカーのベルトの金具、親子自転車の子どもいすなど、思わぬところにやけどの危険があります。

いつもの散歩道や公園でもやけどの危険性が!

夏のやけどはバーベキューや花火など、火を使うものだけではなく、日光に熱せられたチャイルドシートやベビーカーの金具、公園の遊具などにふれてやけどをすることが多いのが特徴です。路地や砂地も焼けるように熱くなるので、はだしで歩かせないようにしましょう。

また、最近多いのは電気ケトルによるやけど。床に近い場所の炊飯器にも注意が必要です。ベビーの手の届く範囲内に危険なものは置かないようにしましょう。

発売中のBaby-moでは、ベビーのおぼれ・やけど・熱中症の予防策について詳しく解説!

babymo2016sa

buy-button-amazon

アドバイス/緑園こどもクリニック院長 山中龍宏先生
東京大学医学部卒業後、「こどもの城」小児保健部長をへて現職。長年、子どもの事故予防を熱心に唱え、事故予防の啓発団体であるNPO法人Safe Kids Japan理事長としても活動。
出典:Baby-mo2016年夏秋号より
※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ

注目コラム