生後6カ月~幼児期のおそれ泣きは、精神的な不安が原因でした!

コラム
公開日:2016/04/28
更新日:2016/08/25
生後6カ月~幼児期のおそれ泣きは、精神的な不安が原因でした!

生後6カ月ごろから起こるおそれ泣きは、人見知りやあと追いなど知恵がついてくるときに起こるもの。おそれ泣きを減らすには、生活リズムを整えてあげることがポイントでした!

知恵がついてくると 出てくる感情。気持ちを言葉にして共感してあげて

mak2016042802

おそれ泣きは精神的な不安からくる泣きで、知恵がついてきた証拠です。このころ、赤ちゃんは運動面でも発達をし、ママは「危ない!」「ダメ!」とこわい声を出すようになります。ねんねのときのようなおだやかな生活ではなくなってきています。また、赤ちゃんにとってママは自分の体の一部のような一体感があるため、ママが見えなくなると、不安であと追いをしたりします。こうした泣きも、基本は生活リズムを整えることで減らすことができます。赤ちゃんはほかの人が楽しそうだと、自分も起きていたくて寝つきません。パパにも協力してもらい、早起き→昼寝→早寝のリズムをキープしましょう。

【泣きの原因はコレ!】
● 人見知りや場所見知りをしているとき
● あと追いのとき
● 物音、できごとにびっくりしているとき

おそれ泣き、先輩ママはこうして乗り切った!

■ひざの上に乗せてまわりの様子を見せると安心
ショッピングモールのプレイスペースでは一人ですわらせると不安で泣き続けてしまい… …。ママのひざにすわらせ、まわりの様子を見せてベビーが安心するまで待ちました。(Eさん&Rくん1才1カ月)

■ママ、パパがお年寄りと話すところを見せる
人見知りのころはとくにお年寄りの方を見ると泣いていました。ママ、パパがお年寄りと 話すところを見せたり、大丈夫だよーと声かけをして安心させていました。(Aさん&Kちゃん1才4カ月)

■激しいあと追いにほとほと疲れ、ヘルパーさんを呼びました
あと追いがひどく、トイレにも行けず、夕食作りもできませんでした。あまりの泣き声にほとほと疲れ、家事ヘルパーを頼むことに。追いつめられた気持ちがラクになりました。(Kさん&Rくん1才9カ月)

■ママが抱っこしてほかの人にふれないように
9カ月ごろは誰かに見られて「かわいい」と言われるだけで大泣き! とにかくママが抱っこして、ほかの人にさわられないようにしたら、1カ月くらいで泣かなくなりました。(Kさん&Oちゃん1才4カ月)

赤ちゃんが泣きやまない!をなんとかしたかったら、発売中のBaby-moで!
hyoushiBaby-mo

buy-button-amazon

お話/わたなべ医院院長 渡辺とよ子先生
都立築地産院小児科、都立墨東病院周産期センター・新生児科部長を経て現職。NICUや健診、診察で多くの乳幼児&ママ・パパを見てきた先生ならではの親身な助言が好評です。
出典:Baby-mo 2016春夏号
※情報は掲載時のものです。

あなたにおすすめ

注目コラム