生後0~3カ月ごろの不快泣きは、原因を知って攻略!

コラム
公開日:2016/04/18
更新日:2016/08/25
生後0~3カ月ごろの不快泣きは、原因を知って攻略!

なかなか泣きやまない赤ちゃんを前に、「これほどまでとは出産前に予想していなかった」と、泣きたくなるママも多いのでは? 0~3カ月の赤ちゃんは、不快や不安で泣くことがあります。原因を知って、乗り切っていきましょう!

赤ちゃんは自分で体をコントロールできず不安で泣きます

この時期の赤ちゃんはおむつの汚れやおなかがすいたなど、不快を感じて泣くことがあります。実は、子宮の中で丸くなっていた赤ちゃんは、平らなところに寝かされると不安を感じて泣いてしまうのです。手足を動かすことはできますが、まだ自在にコントロールはできません。モロー反射で手がパッと開くと、ピクッとして泣いてしまうのはそのためです。自分の体が突然動いたことにびっくりして不安を感じているのでしょうね。そんな赤ちゃんも、触覚は発達しているので、スキンシップが泣きやませに効果的。抱っこして呼吸に合わせて背中をトントンしてあげると落ち着きますよ。

【泣きの原因はコレ!】
● おなかがすいた
● 眠いのに眠れない
● おむつが汚れた
● なんだか不安
● 暑い、服の着心地が悪いなどで不快
● モロー反射に自分で驚いた

不快泣き、先輩ママはこうして乗り切った!

■パパのスクワットで即寝でした
mak2016041802

おっぱいで寝なかったときは最終手段、パパのスクワットが登場。パパのほうが抱き心地がよいみたいで、ママのスクワットだと寝ません。夜中も寝ないとパパが起きてくれます。(Jさん&Mちゃん7カ月)

■窓を開けたりうちわであおぐとピタッ
夏だったので暑いと泣いていました。エアコン、うちわ、窓の風が3種の神器。とくにうちわであおぐと笑っていました。夜でも外に出かけて風に当たりながら歩くことも。(Mさん&Aちゃん1才8カ月)

■抱っこでゆらゆら&外の空気にふれされる
おっぱい、おむつ替えで泣きやまないときは抱っこでユラユラ。お散歩も効果アリ。家にこもりきりにならず外の空気にふれると、ベビーもママも気持ちが落ち着いたっけ。(Mさん&Rくん11カ月)

発売中のBaby-moには、赤ちゃんの「泣きやまない!」を解決するカギが満載
hyoushiBaby-mo

buy-button-amazon

出典:Baby-mo 2016春夏号
※情報は掲載時のものです。
お話/わたなべ医院院長 渡辺とよ子先生
都立築地産院小児科、都立墨東病院周産期センター・新生児科部長を経て現職。NICUや健診、診察で多くの乳幼児&ママ・パパを見てきた先生ならではの親身な助言が好評です。

あなたにおすすめ

注目コラム