子どもへの言葉、否定語を使っていませんか?【読むサプリ21回】

コラム
公開日:2016/03/16
更新日:2016/08/25
子どもへの言葉、否定語を使っていませんか?【読むサプリ21回】

ママたちは日々の忙しさにどうしても子どもに「あれはしちゃダメ」「これはダメ」などと言ってしまいがちです。そんなついつい使ってしまう否定語。少しの意識で変えられると、ひろっしゅコーチは教えてくれています。今日の読むサプリは、人が発する言葉と脳との意外なつながりについて。ひろっしゅコーチの言葉を少し意識するだけで、子どもとの会話が変わってくるはず。ぜひ日々の生活に取り入れてみてください。

子どもへの言葉がけのコツ

突然ですが、

「ミッキーマウスを想像しないでください」

って、ホラ想像しちゃいましたよね?

頭の中にはミッキーマウスが……。

脳は否定語を理解しないのだそうです。

「触っちゃだめ」伝わりません。触っちゃいます。

「走ったらだめ」伝わりません。走ってしまいます。

そんなときに子どもには

「手はひざの上だよ~」

「ゆっくり歩いてね~」って声をかけてみてくださいね。

人間の脳についてのお話をしたついでにもうひとつ。

脳は主語を認識しません。

自分が発した言葉は全て自分のもの、ととらえます。

ですから、パートナーの文句を言っても

自分が言われているのと同じことだと脳は受けとります。

言霊(ことだま)と言いますよね。

自分から出る言葉はすべて自分に戻ってきます。

普段、どんな言葉を使っていますか?

意識してみてくださいね。

mama manga

アマゾンで買う

育児で壁にぶちあたった時、ココロをかる~くしてくれる魔法の一冊。「ママでいるのがつならくなったら読むマンガ」も絶賛発売中! ※アマゾン子育て部門1位獲得!

著書:山崎洋実 
発売日:2010/7/31
お話/山崎洋実(やまざき・ひろみ)1971年静岡県生まれ。自身の妊娠出産を経て、「ママのイキイキ応援プログラム」(通称・ママイキ)をスタート。ハッピーなママライフを送るための思考、視点を悩めるママたちに伝授する。ママ向けコーチングの第一人者・ひろっしゅコーチとして大活躍中。ファインコーチングHP http://www.fine-coaching.com/ ブログ http://ameblo.jp/happpymommy-project/  
※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ

注目コラム